レーダー照射動画を元自衛隊パイロットが解説(1) まず明白な4つの嘘

レーダー照射動画を元自衛隊パイロットが解説(1) まず明白な4つの嘘

 

《本記事のポイント》

  • 韓国の嘘──「照射した・しない」と揺れる主張
  • 韓国の嘘── 自衛隊動画で分かった「天気」「捜索」の嘘
  • 韓国の"反論動画"にもボロ

 

 

【ザ・ファクト共同取材番組】

ザ・ファクトREPORTレーダー照射事件――韓国と北朝鮮が急接近!?韓国海軍は北朝鮮船と何をしていたのか

 

「レーダー照射問題」は、よく言って沈静化、悪く言ってうやむやになりつつある。

 

しかしこの問題は「朝鮮半島で何が起きているのか?」「日韓関係に何が起きようとしているのか?」を知る上で鍵となる。

 

いったい何が真実なのか? この問題をどう見るべきなのか? 複雑に絡み合う問題の本質を、元航空自衛隊パイロットの河田成治氏が解説する。全3回にわたって掲載する。

 

◆               ◆               ◆

 

河田 成治

プロフィール

(かわだ・せいじ)1967年、岐阜県生まれ。防衛大学校を卒業後、航空自衛隊にパイロットとして従事。現在は、ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)の未来創造学部で、安全保障や国際政治学を教えている。

私は航空自衛隊のパイロットとして700時間ほどフライトしました。

 

最も長かったのは新潟救難隊です。捜索機に乗って、まさに今回の事件の現場である日本海上空を飛んでいました。海上の偵察や海上保安庁の船に、それこそ"低空飛行"で近づいて通信訓練をするなどしていました。

 

 

レーダー照射とは「模擬攻撃」のこと

今回、日本中で話題になったのは「レーダー照射」という言葉です。何となく「危ない」という認識はあると思いますが、具体的にどのような行為なのでしょうか。

 

レーダーにもさまざまな種類があります。今回、大きく取り上げられたのは「火器管制レーダー」というものです。

 

これはミサイルや対空砲の狙いを定めるためのレーダー。それを照射したということは、いわゆるロックオン、つまり「銃口を向けていて、いつでも発射できて命中する予備動作」をしたということです。

 

実は2013年に、中国海軍が日本の護衛艦に同じことをしました。そこで、「CUES(洋上で不慮の遭遇をした場合の行動基準)」という国際規範が定められました。その中では、「シミュレーション・オブ・アタック」、つまり「『模擬攻撃』なので、厳に慎むべき」とされています。

 

この「火器管制レーダー」がどのように国際問題になっていったのでしょうか。同問題の経緯から、韓国側の主張が二転三転して、嘘も含まれているということが分かります。順を追って見ていきましょう。

 

 

韓国の嘘──「照射した・しない」と揺れる主張

海上自衛隊のP-1という哨戒機は、日本周辺で定期的に警戒監視パトロールを行っています。

 

それが2018年12月20日、日本海において、韓国の駆逐艦と警備救難艦、そして漁船を発見しました。この模様を詳しく調べるために近づいたところ、レーダー照射されました。

 

P-1哨戒機はその後、所属している厚木基地に帰り、詳しくレーダー分析ができる横須賀基地に直ちにデータを送ります。すると、「韓国駆逐艦の火器管制レーダーに間違いない」という結果が出ました。

 

そこで翌日の21日、防衛省が照射の事実を公表し、外務省が韓国側に抗議したのです。

 

これを受けて韓国側は「確かに『火器管制レーダー』の照射はした。しかしこれは、救助中の船を捜索するために使っただけだ」と反論します。

 

さらに韓国マスコミを通じて、「天気が悪かったので捜索用のレーダーだけではなく、全てのレーダーを使わなければいけなかったんだ」とも主張しました。

 

対する日本の防衛省は「そんなことはないだろう。普通の捜索レーダーと、火器管制レーダーは全く違う種類のものだ」として、レーダーが「火器管制」だったことを改めて公表しました。

 

すると韓国側は、言い分を変えてしまい、「そもそも一切のレーダー照射はなかった」と言い始めます。

 

 

韓国の嘘――自衛隊動画で分かった「天気」「捜索」の嘘

埒が明かないので、防衛省は韓国側と「実務者協議」を行いました。しかしそこでも意見は食い違い、まったく歩み寄りができなかった。しびれを切らした防衛省は、あの有名な動画を公開したのです。

 

この動画の中で、「韓国側の明確な嘘」が二つ明らかになってしまいました。

 

一つ目。韓国側は「天気が悪かった」と言っていましたが、当日は極めて天気が良く、霧なども出ていないことが分かりました。

 

天気が良かった現場。防衛省公開映像より。

 

 

二つ目。韓国側は「漁船を捜索するためにレーダーを使ったんだ」と言っていましたが、実際の映像では、すでに漁船を見つけており、救助用のボートまで出して、横付けしていたのです。

 

すでに漁船を発見し、救命ボードも出していた韓国側。防衛省公開映像より。

 

 

韓国の"反論動画"にもボロ

窮地に立たされた韓国側は、自国の主張を述べた動画を公開します。

 

しかしその中ではなんと、「『火器管制レーダー』ではなく『捜索レーダー』を使った」と、また主張を変えているのです。

 

捜索レーダーだけを使ったと主張する韓国「反論動画」。

 

さらに韓国は映像で、「証拠資料があれば実務者協議で提起すればいい」と訴えています。しかし、それをやろうといったのは日本側。韓国側がそれを拒否したという経緯がありました。

 

韓国「反論動画」より。

 

言っていることが完全に二転三転しているのですが、さらに韓国側は動画の中で、「むしろ日本の方が悪いのであって、P-1哨戒機が韓国船に『低空威嚇飛行』をしてきた。これに対して謝罪をしろ」という新たな主張をし始めました。

 

韓国「反論動画」より。

 

この時点で日本側は、「これ以上話し合っても無駄なので、冷却期間を置いて頭を冷やしてもらおう」ということで、いったん協議を打ち切っているというのが、現状です。

 

 

韓国主張に説得力はなし

少なくとも「照射」「天気」「捜索」「協議」などの点で、韓国側の主張に明確な嘘が散見されます。「レーダー照射の有無」や「低空威嚇飛行の有無」などまだ論争が続いているポイントはありますが、そうした主張そのものに、まず信頼性がありません。

(取材:ザ・リバティWeb企画部×ザ・ファクト取材班)

 

【関連記事】

2019年2月14日付本欄 レーダー照射動画を元自衛隊パイロットが検証(2) これのどこが威嚇飛行か!

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15403

 

2019年2月15日付本欄 レーダー照射動画を元自衛隊パイロットが検証(最終回) そもそもなぜ照射した?

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15407

タグ: レーダー照射  韓国  ザ・ファクト  反論動画  河田成治  航空自衛隊  

Menu

Language