「勝ちグセ」営業組織のつくり方 - 人が育つ現場の秘密

「勝ちグセ」営業組織のつくり方 - 人が育つ現場の秘密

 

2019年3月号記事

 

人が育つ現場の秘密

「勝ちグセ」営業組織のつくり方

 

同じ商品・サービスを扱っているのに、売れる人と売れない人がいる。

「センスの違い」などとあきらめる前に、「勝てる営業組織」の共通点を学んでみたい。

(編集部 小川佳世子、片岡眞有子)

 

 

 世の中には似たような商品やサービスがあふれている。もはや「つくれば売れる」時代ではなくなった。顧客と直接コミュニケーションを取って商品の魅力を伝え、購入・利用を勧める営業の役割が、企業の業績を左右する。

 だが、同じような営業活動をしていても、営業マンによって成績は大きく異なる。編集部にも「頑張っているつもりなのに、断られ続けて心が折れそうになっている」「どうしたら成果が出るのか分からない」などの悩みの声が寄せられた。

 一方、人手不足の中、営業に十分な人材や時間を回せないと悩む中小企業も多い。「営業マンが育たない」「大口顧客頼みで、将来に向けた布石が後回しになる」などの課題は、どの企業にもある程度共通しているだろう。

 個人として、そして組織として、「勝ちグセ」をつけるヒントを探った。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

Contents

悩み 01 「会議や事務仕事で、そもそも外に出られない」

悩み 02 「営業しても営業しても売れず、心が折れそう」

悩み 03 「短期成果を求められ、新規開拓が後回しに」

Case study 事例で学ぶ、勝てる営業の知恵

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年3月号記事  現場  勝ちグセ  営業  会議  事務  短期成果  新規開拓  辻伸一  川勝宣昭  中村信仁  北澤孝太郎  著名知識人  

Menu

Language