月をめぐって米中が覇権争い 宇宙時代のリーダーに必要なこと

 

中国の無人月探査機が3日、世界で初めて月の裏側に着陸し、話題となっています。探査機は、月の裏側の地形や埋蔵された資源などを調べる予定とのことです。

 

中国は「2050年までに宇宙強国になる」という目標を掲げ、宇宙開発を国家の重点事業に位置づけています。月の裏側は未解明な部分が多く、大量の水や核融合発電の燃料となる「ヘリウム3」などの資源も眠っているとされ、中国は月の探査と資源獲得に意欲を見せています。それ以外にも、宇宙ステーションの打ち上げや中国版GPSの構築も進めています。

 

月探査と言えば、「アメリカ航空宇宙局(NASA)のアポロ計画で、月の裏側にある人工建造物やUFOらしきものを映像や写真で捉えた」という、興味深い事実も存在します。

 

トランプ米大統領は中国の動きに危機感を強め、「再び月探査に力を入れる」との考えを発表。月をめぐる米中の覇権争いが勢いを増しています。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language