今も子育てしやすい街? 杉並の未来図 - 地域シリーズ 杉並

今も子育てしやすい街? 杉並の未来図 - 地域シリーズ 杉並

写真提供:ピクスタ

 

2019年2月号記事

 

地域シリーズ 杉並

 

人気の民間人校長、学校選択制は廃止

今も子育てしやすい街? 杉並の未来図

 

東京23区の中で、保育や教育に力を入れているイメージがある杉並区。
実際のところと、未来への展望について調べてみた。

(編集部 駒井春香)

 

 

「公園や緑が多くて、若い夫婦や親子が住んでいるイメージがあります」「進学校や塾が多い印象です」―。

 東京都民に杉並区について聞いてみると、こんな声が上がった。

 確かに23区の中で、杉並区は「子育てしやすい教育区」というイメージがある。実際、2018年4月に、杉並区は「待機児童ゼロ」を実現したと発表。認可保育所を核とした保育施設整備に力を入れた結果だと、同区は胸を張る。

 学業はどうか。杉並区には名門公立高の一つ、西高校があり、日大、国学院大、専修大など有名大学の付属校も多い。10~19歳の「塾人口」約3万5千人に対して、学習塾は約180件。これは塾人口がほぼ1.5倍の足立区と同じくらいの件数だ。

 公立図書館の蔵書数は杉並区が23区でもっとも多く、千代田区や墨田区の実に4倍以上。貸出率も高く、読書好きの区民が多いといえる。

 

 

杉並区の保育・教育の現状は

 数字だけを見ると、「子育てしやすい教育区」のイメージは正しいように思える。しかし杉並区民に聞くと、首を横に振る人が多い。待機児童ゼロに対して、「隠れ待機児童」はまだ多いという声や、保育所の立地確保のために区立公園を転用するなど、強引なやり方に「ハコモノ行政」という批判が高まっている。近所づきあいも気薄になり、子育てにおいて重要な、防災や治安にも不安があるという。

 教育も、かつては学区を越えて通いたい学校を選べる「学校選択制度・学区選択制度」や、東京都初の民間人校長の登用など、先進的な取り組みを行ってきた。しかし現在、それらのほとんどは廃止されている。

「子育てしやすい教育区」としての姿が失われつつあるのだろうか。杉並の実情を調べた。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

「待機児童ゼロ」の実態は税金のバラマキ!?

教育評論家・森口朗氏インタビュー

全国消防操法大会優秀選手賞・高山正樹氏インタビュー

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年2月号記事  地域シリーズ  杉並区  減税  夜スペ  バウチャー  待機児童  荻窪消防団  高山正樹  森口朗  学校選択制度  著名知識人  

Menu

Language