JAL、初めて全日空に抜かれる

国際線と国内線を合わせた2010年度の旅客数で、全日空が、会社更生手続き中の日本航空(JAL)を上回ることが確実となった。年度で上回るのは初めて。11日付の日本経済新聞が伝えている。

日航は不採算路線の撤退や減便が響いた。一方の全日空は、国際線でのビジネス需要回復や、昨年10月末からの羽田空港の国際定期便就航によって旅客数を伸ばした。

日航の旅客数はピークの02年度には6千万人を超え、全日空に1千万人以上の大差をつけていた。その大差が引っくり返り、長年の首位がついに逆転したわけである。ナショナルフラッグキャリアを自他共に認めていたJALが全日空に抜かれるとは、まさに隔世の感がある。

筆者が最近話を聞いたJALのOBは、「JALは断然業界1位だった。経営がおかしくなるなんて社員は誰も夢にも思わなかった」と話していた。JAL破綻には政治との癒着など複雑な要因もあるが、経営状態について健全な「危機意識」が現場レベルになかったことは確かなようだ。(司)

 

 

※現在、デイリーニュースクリップは無料でお読み頂けます。近日中に有料購読に移行予定です。
 

【3月11日分ニュースクリップ一覧】
地震と「政治の乱れ」の関係
米病院がNY市場に上場 日本も株式会社経営導入を
エジプト/イスラムとコプト教徒の衝突で深まる亀裂
ダライ・ラマ引退表明、中国の狙いを見越してか
インドでイスラム教徒の射殺急増
「君が代訴訟、逆転判決」に思う

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language