「ゲノム編集で双子誕生」の中国人科学者 政府の援助で「遺伝子ビジネス」を手掛けていた

 

先週、中国・広東省深セン市にある南方科技大学の賀建奎副教授が、遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」技術で受精卵を操作して双子女児を誕生させたと発表し、世間を驚愕させました。

 

多くの国では受精卵にゲノム編集を施すことを法律で禁止しています。遺伝子の編集は直接生まれる子供だけでなく、未来の子孫にも影響するリスクがあるからです。

 

中国国内の科学者ら122人が連名で、「巨大なリスクを伴う人体実験であり、狂気としかいいようがない」との反対声明を発表するなど、中国国内でも波紋を広げています。

 

この騒動を受けて、中国科学技術省は、「わが国の法律に公然と違反するものであり、学界が堅守してきた道徳・倫理面のレッドラインを越えるものだ」と批判し、法律に基づき処分する意向を示しました。

 

しかし賀氏の研究については、「中国政府が主導している」という指摘があります。また、賀氏は遺伝子の研究者であると同時に、遺伝子ビジネスを展開する「商売人」の顔も持っていることが明らかになりつつあります。

 

本欄では、ゲノム編集技術が商売道具となることの恐ろしさについて見ていきます。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language