「中国包囲網」の強い味方 ロシアとの平和条約は「時間」との戦い - ニュースのミカタ 1

「中国包囲網」の強い味方 ロシアとの平和条約は「時間」との戦い - ニュースのミカタ 1

2018年11月14日、ロシアのプーチン大統領(右)との首脳会談に臨んだ安倍晋三首相。写真:ロイター/アフロ

 

2019年1月号記事

 

ニュースのミカタ 1

国際

 

「中国包囲網」の強い味方

ロシアとの平和条約は「時間」との戦い

 

 日露交渉が大きく動き出しました。

 安倍晋三首相とプーチン大統領は11月14日、東アジアサミットが開かれたシンガポールで会談。「今後3年以内の平和条約締結」に向けて交渉を加速させることで合意しました。

 安倍首相は会談後、「1956年の日ソ共同宣言を基礎として、平和条約交渉を加速させることで合意した」と説明。同宣言には、平和条約締結後に北方4島のうち、歯舞群島と色丹島を日本に引き渡すと明記されています。

 安倍首相はプーチン氏に、2島が日本に引き渡された後でも、日米安保条約に基づいて米軍基地を島に置くことはないと伝えていたことも明らかになりました。年明けにもロシアを訪問してプーチン氏と会談すると意気込みを示しています。

 戦後の日露関係は冷戦時代も含め、北方領土問題で歩み寄りがなく、冷え切ったままでした。それを打開する今回の合意は、高く評価できるものです。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年1月号記事  ニュースのミカタ  日露交渉  安倍晋三  プーチン  日ソ共同宣言  北方領土  平和条約  守護霊  霊言  毛沢東  

Menu

Language