ハリウッドSF映画のネタ元は宇宙人!? - 「スター・ウォーズ」「アバター」「メン・イン・ブラック」……

ハリウッドSF映画のネタ元は宇宙人!? - 「スター・ウォーズ」「アバター」「メン・イン・ブラック」……

画像 Chones / Shutterstock.com

 

2018年10月号記事

 

「スター・ウォーズ」「アバター」「メン・イン・ブラック」……

ハリウッドSF映画のネタ元は宇宙人!?

ハリウッドのSF映画に、本物の宇宙人が関係しているとしたらー。

さまざまな宇宙情報から、映画と宇宙人の関係を読み解く。

(編集部 駒井春香)

 

 

 火星に生命体が存在する可能性が高まっている。

 イタリアの研究者らが率いる国際天文学チームは7月下旬、火星の地下に、幅20キロにも及ぶ巨大な湖が存在することを発表した。こうしたニュースは、宇宙・天文ファンならずとも胸がワクワクするだろう。

「地球以外の星にも生命が存在するのか」ということは、世界中の人々の疑問であり、果てしないロマンでもある。そんなロマンをさらに掻き立てるのが、ハリウッドなどによる宇宙映画だろう。友好的な宇宙人や侵略目的で地球を攻撃するUFO、さらには宇宙人同士の戦争を描いたものまで多種多様だ。

 

 

宇宙人が情報提供?

 ハリウッドの宇宙映画は、単なる空想の産物なのだろうか。

 かねてからSFマニアなどの間で囁かれているのは、ハリウッドにはアメリカ政府が知り得た宇宙情報が秘密裏に伝わり、それらを基に映画が制作されているという噂だ。宇宙人が監督など映画関係者に直接、情報を伝えているという説まである。

 これらはあながち荒唐無稽なものとは言えない。

 1947年に発生したロズウェル事件では、墜落した"空飛ぶ円盤"が米軍によって回収され(後に気象観測用気球だったと訂正発表)、残骸や搭載物を分析。その情報からステルス戦闘機や衛星攻撃兵器、集積回路など、さまざまな技術開発が飛躍的に進んだとされている。

 私たちが使っている家電や情報端末なども、元をたどれば、宇宙からの情報により開発された可能性がある。

 さらにロズウェル事件では、宇宙人も"回収"されたという。1990年代後半、元米陸軍情報将校で、実際に残骸や搭載物の分析などに携わったフィリップ・J・コーソー氏は、自身が見聞きしたことを詳細に記した書籍を出版し、アメリカで大ベストセラーとなった。元エリート軍人が、全くの嘘や創作を出版するとは考えにくい。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

500種以上の宇宙人が飛来

インタビュー / SF映画のアイデアを宇宙人は降ろしています 山口敏太郎氏

知っておきたい 人気映画の真相

千眼美子さんUFOを激写!!

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年10月号記事  ハリウッド  UFO  SF  宇宙人  山口敏太郎  エリア51  UMA  ビックフット  スター・ウォーズ  宇宙の法  千眼美子  著名知識人  

Menu

Language