麻原死刑囚、刑執行 「無宗教」がオウムを生んだ - ニュースのミカタ 1

麻原死刑囚、刑執行 「無宗教」がオウムを生んだ - ニュースのミカタ 1

1995年3月、オウム真理教が起こした地下鉄サリン事件では、死傷者の合計が約6300人に及んだ。写真:読売新聞/アフロ

 

2018年9月号記事

 

ニュースのミカタ 1

社会

 

麻原死刑囚、刑執行

「無宗教」がオウムを生んだ

 

 戦後最大の無差別殺人事件に、一つの区切りがつきました。

 地下鉄サリン事件を含む計13の事件で27人を殺害した罪などにより、オウム真理教元代表の麻原彰晃(松本智津夫)死刑囚ら7人の死刑が7月6日午前、執行されました。

 しかし麻原死刑囚は「物言わぬ教祖」と言われ、犯行の動機も経緯も、裁判ではまったく語らぬままでした。日本社会には釈然としない空気が漂っています。

 死刑執行の翌7日、各紙社説もこう記しています。

「なぜ教団は社会を敵視し、サリンの散布にまで走ったのか。(中略)その根源的な疑問は解けないまま」(朝日新聞)

「明確な答えや教訓を十分に得ることができないまま、ここまで来てしまった感が強い」(日経新聞)

 いったい何が「怪物」を生み出し、多くの若者を暴走へと駆り立てたのでしょうか。

 実は刑執行直後の同日午後、麻原死刑囚の霊が大川隆法・幸福の科学総裁のもとに現れました。死んだ自覚はあるものの、死後の行く先に迷い、助けを求めに来たのです。大川総裁は、麻原死刑囚の霊言を収録。麻原霊は、犯行に至った心の闇を語り始めました(下書籍所収)。

 

麻原彰晃の霊言

麻原彰晃の霊言
オウム事件の「本当の動機」と「宗教的けじめ」

大川隆法著

幸福の科学出版

【語られた内容】

  • 被害者に対する謝罪の意はあるか?
  • 本当に責任能力がない精神状態だったのか?
  • 本当にチベット仏教の修行を満行したのか?
  • 後継団体への"メッセージ"とは?
  • 麻原死刑囚の死後の行き先とは?

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年9月号記事  ニュースのミカタ  麻原彰晃  オウム真理教  地下鉄サリン事件  死刑  宗教  假谷清志  VXガス  霊現象  

Menu

Language