明治維新150年 命もいらず、名もいらず 日本を守り抜いた無名の英雄たち

明治維新150年 命もいらず、名もいらず 日本を守り抜いた無名の英雄たち

写真:渡辺正裕 モデル:桜田進太朗 撮影地:旧師団長官舎(新潟県上越市)

 

2018年9月号記事

 

明治維新150年

 

命もいらず、名もいらず
日本を守り抜いた

無名の英雄たち

 

明治維新150周年を迎える今年、NHK大河ドラマ「西郷どん」の放送や、全国各地で記念シンポジウムなどが開催されている。

ただ、それらで取り上げられるのは、西郷隆盛をはじめ有名どころばかり。

本特集では、戊辰戦争から大東亜戦争にかけて活躍した「無名の偉人」に光を当て、彼らが身を挺して示した武士道精神を列伝風に紹介する。

(編集部 山本慧、駒井春香、小川佳世子)

 


contents


 

「武士の鑑」は13歳だった

 

 

戊辰戦争

 

岡山篤次郎

Tokujiro Okayama

1856年、武士の家柄に生まれる。新政府軍が二本松に進攻したところを、大砲で応戦。この戦いで戦死を遂げる。篤次郎が示した武士道精神は敵軍を感動させ、戦前、英雄物語として語られた。

 薩摩藩や長州藩などの新政府軍と、会津藩などの旧幕府軍が、日本の統一をめぐって戦った戊辰戦争(1868~69年)。

 この戦いで、全国約250藩の中で唯一、城を枕に全滅した二本松藩(福島県)の武士として活躍したのが岡山篤次郎だ。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

藩のために戦わせてほしい

玉砕戦で見せた武士道精神

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年9月号記事  明治維新  英雄  英霊  靖国神社  岡山篤次郎  戊辰戦争  武士道精神  二本松藩  小名木善行  著名知識人  二本松城  

Menu

Language