頻発する文科省の不祥事 いま求められる「徳ある政治」 - ニュースのミカタ 3

頻発する文科省の不祥事 いま求められる「徳ある政治」 - ニュースのミカタ 3

写真:sunny/PIXTA(ピクスタ)

 

2018年9月号記事

 

ニュースのミカタ 3

政治

 

頻発する文科省の不祥事

いま求められる「徳ある政治」

 

 国民の信頼を失墜させる、文部科学省の不祥事が相次いでいます。

 このほど受託収賄の疑いで、文科省科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者が逮捕されました。同省の私立大学支援事業の対象校に選定する見返りに、佐野容疑者の息子を合格させてもらうという、典型的な「裏口入学」による収賄です。

 昨年は同省の天下り問題も注目を集めました。組織ぐるみで大学などへの天下りのあっせんが行われ、43人が処分されています。

 度重なる不祥事により、複数の局長級職員が逮捕や辞職に追い込まれていることは、異常事態と言えるでしょう。

 これらの不祥事は、日本ならではの問題です。例えばアメリカ連邦政府は、高等教育機関の設置認可に関与していません。州政府の認可が必要となりますが、書類を提出するのみで許可が下りる州もあるのです。

 日本は文科省に「許認可権」があり、補助金の額も決めているなど、大学は生殺与奪の権を握られています。そのため、収賄や天下りなどの問題が起きやすいと言えるでしょう

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年9月号記事  ニュースのミカタ  文部科学省  不祥事  佐野太  裏口入学  補助金  豪雨  真備町  治水事業    国土交通省  

Menu

Language