緊急鼎談 山口から日本を守る 日米の基地と共にある誇りと自覚

緊急鼎談 山口から日本を守る 日米の基地と共にある誇りと自覚

写真左より 日刊いわくに代表取締役社長 藤井淳史氏。幸福実現党山口県本部代表 河井美和子氏。山口県岩国市議会議員 石本崇氏

 

2017年10月号記事

 

緊急鼎談 山口から日本を守る

日米の基地と共にある誇りと自覚

 

日米双方の基地を抱える山口県で国防の大切さを訴え続ける3人。 党派や職種を超え、日本に今、何が必要かを語った。

(聞き手・編集部 片岡眞有子)

 

藤井淳史氏(以下、藤): 北朝鮮暴発のリスクは信じられないほど高まっています(8月19日時点)。数年はかかると思われた核弾頭の小型化にも成功したと伝えられています。日本人はこの脅威を正しく認識しなくてはなりません。

石本崇氏(以下、石): ミサイル以前に、拉致の問題があります。数多くの日本人が北朝鮮に拉致されていると分かっていながら、政府は何ら具体的な動きを見せなかった。国内に必ず北朝鮮の協力者がいるはずなのに、誰ひとり逮捕されていない。こうした甘い対応の延長線上に、ミサイル問題があると思います。

河井美和子氏(以下、河): 日本政府が何一つ効果的な手を打てないのは、長年に渡って、国防強化や憲法改正という、本来やるべきことに目をつぶってきたからでしょう。自衛隊を憲法に明記することについて、安倍首相は「加憲」で誤魔化していますが、正々堂々と「改正」すべきです。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

オスプレイ配備は賛成

核、スパイ、難民などをどう考えるか

幸福実現党山口県本部 下松地区代表 山根栄子氏インタビュー

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年10月号記事  山口県  石本崇  藤井淳史  河井美和子  国防  基地  日刊いわくに  オスプレイ  スケート連盟  下松  予防医療  山根栄子  著名知識人  

Menu

Language