トランプ次期大統領の「エルサレムに大使館」発言 強硬姿勢には過去世の影響も?

 

イスラエルとパレスチナの和平交渉再開に向けた国際会議がパリで開かれ、約70カ国の外相らが参加しました。この会議では、アメリカのトランプ次期大統領が掲げる「親イスラエル路線」をけん制する共同声明が採択されました。

 

トランプ氏は大統領選で、現在、イスラエルのテルアビブにある米大使館を「エルサレムに移す」ことを公約に掲げていました。ですが、実際にエルサレムに大使館を移すとなると、周辺国の反発は避けられません。

 

本欄では、このエルサレム問題について、考えてみます。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language