サウジアラビアとイランが国交断絶 - イスラム教宗派の違いは乗り越えられる - The Liberty Opinion 1

サウジアラビアとイランが国交断絶 - イスラム教宗派の違いは乗り越えられる - The Liberty Opinion 1

 

2016年3月号記事

 

The Liberty Opinion 1

国際

 

サウジアラビアとイランが国交断絶

イスラム教宗派の違いは乗り越えられる

 

 年明け早々、イスラム教スンニ派のサウジアラビア(以下、サウジ)が、イスラム教シーア派のイランと国交を断絶した

 事の発端は、サウジ政府が、シーア派の宗教的指導者ニムル・アル=ニムル師を処刑したこと。これに怒ったイラン国民が、イランのサウジ大使館を襲撃。その後、サウジはイランと外交関係を断絶した。

 中東で最大規模の経済力を持つ両国は、スンニ派とシーア派の代表国であり、長年お互いをライバル視してきた。この両国が敵対関係になって、「大きな戦争が起こるのではないか」と、国際社会が懸念している

 対立の背景には、2003年に始まったアメリカ主導のイラク戦争がある。スンニ派のサダム・フセイン政権が倒れた後のイラクでは、イランを後ろ盾に持つシーア派政権が誕生した。中東でイラン率いるシーア派の影響力がこれ以上増すことを、サウジは警戒してきた。

 しかし、それまでサウジと良好な関係を築いてきたアメリカが15年4月にイランと核合意を交わした。イランが10年間核開発を停止することと引き換えに、欧米はイランに対する経済制裁を終わらせる。

 だが、10年経てば、イランは核開発を再開できる。サウジは、「いずれイランが核兵器を持つ」ことを警戒する。アメリカがイランを放置すれば、サウジも核開発に乗り出すかもしれない。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年3月号記事  オピニオン  サウジアラビア  イスラム教  シーア派  スンニ派  内戦  アッラー  

Menu

Language