釈量子の志士奮迅 [第40回] - 大学生の涙が教えるー 政治参加は「要求」よりも「恩返し」

釈量子の志士奮迅 [第40回] - 大学生の涙が教えるー 政治参加は「要求」よりも「恩返し」

 

2016年1月号記事

 

第40回

釈量子の志士奮迅

 

幸福実現党党首

 

釈量子

(しゃく・りょうこ)1969年、東京都生まれ。國學院大學文学部史学科卒。大手企業勤務を経て、(宗)幸福の科学に入局。本誌編集部、常務理事などを歴任。2013年7月から幸福実現党党首。

釈量子のブログはこちらでご覧になれます。

http://shaku-ryoko.net/

 

 

 

大学生の涙が教えるー

政治参加は「要求」よりも「恩返し」

 

太陽の昇る国

太陽の昇る国
日本という国のあり方

釈量子著

幸福実現党刊

命を懸ける

命を懸ける
幸福を実現する政治

釈量子著

幸福実現党刊

 来年の参院選から「18歳選挙権」が適用されます。若者の投票率を上げるため、教育関係者や各政党が、様々な授業やキャンペーンを模索しています。

「なぜ選挙に行かなければいけないの?」

 そんな若者たちの問いに、私たち大人は、どう答えるべきなのでしょうか。

「社会保障で高齢者が得をして、若者が損をする」「景気が悪いと、就職できない」といった損得の話も、もちろん大事な視点です。

 しかし、それではどうも若者の胸に響いていない印象です。

 

 

若者は「感謝」で人が変わる

「政治参加する動機」ということに関して、非常に印象深い経験があります。

 私は政治家を目指す前、宗教法人・幸福の科学で、多くの大学生と接してきました。彼らの悩みを聞き、彼らが成長する姿を見てきました。

 自信が持てず、無気力で、将来やりたい事も見つからない。そんな若者たちが、生まれ変わる瞬間があります。

 それは「感謝」ができた瞬間です。一人暮らしの学生が、受験勉強を支えてくれた母親の愛情を思い出す。あまり家にいない父親が、20年間、自分を経済的に支え続けてくれたことに思いを馳せて、涙を流す。

 それから、彼らの目は急に「大人の目」になり、人格にも重石が乗ったような安定感が出るようになるのです。

 こうした経験をした若者が、共通して口にする言葉があります。それは、「世の中の役に立ちたい」という言葉です。感謝が湧いてくると、社会全体への関心や責任感が、誰に言われるでもなく生まれるのです。

 こうした体験をきっかけに、今まで「他人事だ」と思っていた政治に、とたんに関心が湧いてくる―。そんな若者を、私は何人も見てきました。

 

 

「歴史観で人生観が変わった」

「愛国心」も、政治に関心を持つきっかけになります。

 私は各地の講演で、先の大戦における軍人のエピソードを紹介することがあります。

 パラオのペリリュー島で戦った中川州男大佐、沖縄戦で戦った牛島満中将、特攻隊として散って行った若者―。

 命を懸けて戦った英霊たちの、家族や後世への愛を思わせる逸話や言葉です。

 それを聞いた、ある若い女性が、こんなことを言ってくれました。

「この歴史観で、人生観も変わりました」

 政治観なら分かりますが、人生観というのは少し意外でした。

 小さい頃から、教科書で「悪い人たち」と教わってきた軍人たちの愛に衝撃を受け、「自分も国や後世のために何かしたい」と感じるようになったと言うのです。

 

 

「愛」が民主主義の担保

 本当の政治参加は、周囲や国への「恩返し」「愛」から始まる―。若者たちの姿に、改めて教えられた気がします。

 私たちはともすれば「民主主義は権利の要求だ」と捉えてしまいがちです。

 しかし、それだけでは、ポピュリズムや、不満をぶつけるだけの政治参加になりかねません。

 自分の損得を超えて、「社会全体が幸福になるには何が必要か」を考える視点が、健全な民主主義を担保するのです。

 

 

民主主義の起源は愛国心

理想の国をつくりたいという「愛国心」が健全な民主主義を担保する。

 愛国心は、歴史的に「民主主義」と密接な関係があります。

 世界史の中で、初めて愛国心が生まれたのは、古代ギリシャで民主主義が栄えた時だと言われています。

 ペルシャ帝国の侵略から国を守るため、一般市民が立ち上がって戦いに参加した史実があるからです。

 政治思想家で、民主主義研究の大家であるトクヴィルも、民主主義のことを「万人の愛国心」と言い換えています。

 民主主義は、「個人や組織が利益を主張し合い、多数決で勝敗が決まる」ものではなく、「理想の国を目指して、意見を交わす」ものなのです。

 大川隆法・幸福実現党総裁は1991年、東京大学の五月祭で講演した時、東大生たちをこう激励しました。

理想を失って、個人が自分の欲得や利益のために奔走しはじめるときに、それは衆愚政という最も醜いものへと転化するのです(中略)民主主義体制をつくっている一人ひとりは、目覚め、理想に燃えた人たちでなくてはならないのです

 幸福実現党は、若者に「感謝からの政治参加」の大切さを伝えていくと同時に、私たち自身、同じ国に住む方々への感謝を忘れずに努力してまいります。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 2016年1月号記事  志士奮迅  幸福実現党  釈量子  愛国心  民主主義  政治  大学生  ポピュリズム  

Menu

Language