あなたの会社は大丈夫? VW問題から学ぶ2つの教訓

 

排気ガス量の不正操作を受け、独フォルクスワーゲン(VW)のマーティン・ウインターコーン氏が最高経営責任者(CEO)を辞任しました。その後任をマティアス・ミューラー・ポルシェCEOが務めることが決まりました。

 

VWのディーゼル車には不正ソフトウェアが組み込まれ、そのソフトが米環境保護局(EPA)による排ガス成分の試験実施を検知。試験の時だけ排ガス量を減らす装置を作動させていました。最大で基準の40倍の窒素酸化物を排出したディーゼル車もあったといいます。

 

VWはこの不正ソフトを搭載した車が世界で1100万台に上る見込みだと発表しています。EPAは米市場で販売されたVWのディーゼル車約48.2万台にリコールを命じ、米当局は大気浄化法違反で制裁金としてVWに180億ドル(約2.2兆円)を課す見通しです。その他にも、ドイツやイタリアなどの欧州各国や中国、韓国なども調査に乗り出しています。

 

この不正でVWの信頼は大きく失墜。株価も大幅下落しており、業績悪化も不可避と見られます。本欄ではこの事件から学ぶべき教訓について、考えてみます。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language