大阪市教委がいじめ対策で新方針 いじめを隠ぺいした教師を懲戒処分に - The Liberty Opinion 4

大阪市教委がいじめ対策で新方針 いじめを隠ぺいした教師を懲戒処分に - The Liberty Opinion 4

 

2015年11月号記事

 

The Liberty Opinion 4

教育

 

大阪市教委がいじめ対策で新方針

いじめを隠ぺいした教師を懲戒処分に

 

 大阪市教育委員会が8月下旬、被害者救済に大きく舵を切る「いじめ対策基本方針」を発表し、全国から注目された。これは、文部科学省が2013年に施行した「いじめ防止対策推進法」(いじめ防止法)で、全国の自治体に基本方針を決めるよう求めていたもの。

 大阪市教委の方針では、いじめを受けた可能性があれば被害者と見なして対応するなど、被害者を守ることを重視している。特筆すべきは、いじめを隠ぺいした教師を懲戒処分する内容を盛り込んでいること。教師への罰則の明記は全国でも珍しい。

 5000件以上のいじめ相談を受け、全国で講演活動を行う、一般財団法人「いじめから子供を守ろうネットワーク」代表の井澤一明氏は今回の方針について、次のように取材に答えた。

「重要なのは、教師への懲戒処分を明確にしたところです。教師による隠ぺいと、子供同士の話し合いで仲直りさせようとすることでなかなかいじめがやまない。まず被害者を守ることが大切です。本来は、いじめが起きないことが理想で、起きた後の対策は次善策ではありますが、『教師の責任を問う』ことは、全国に広めるべきです」

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年11月号  オピニオン  いじめ  隠ぺい  大阪市  教師  懲戒処分  

Menu

Language