rss

タグ「防衛」の記事一覧

  • 【政策比較・外交防衛】どの政党が未来を見通し、国民を守るか?

    2014.12.03
    【政策比較・外交防衛】どの政党が未来を見通し、国民を守るか?

      ざっくり言うと  政権与党の自民党と公明党のスタンスは、一致していない。  民主党は、集団的自衛権、特定秘密保護法に否定的。  2009年、唯一、国防の危機を叫んでいた政党があった。   中国や北朝鮮が軍事力を増強させ、日本にとって大きな脅威になっています。特に中国は...

  • この国を守り幸福にする覚悟 - 幸福実現党

    2013.05.25
    この国を守り幸福にする覚悟 - 幸福実現党

      2013年7月号記事   この国を守り幸福にする覚悟   国防の脅威は待ったなしの中、参院選が行われる。国の存亡がかかったこの時代に求められるリーダー像とは何か。どの政党ならこの国の未来を託せるのか。     4月13日、ケリー米国務長官は、北京で中国の...

  • 海上自衛隊の石垣島入港に歓迎と抗議【読者投稿無料動画】

    2011.07.30
    海上自衛隊の石垣島入港に歓迎と抗議【読者投稿無料動画】

      ザ・リバティweb取材班 読者レポーターによる現地レポート 7月25日(月)午後、石垣港に、海上自衛隊沖縄基地第46掃海隊所属の掃海艇「あおしま」が入港する際に、入港に賛成する人々(八重山防衛協会、幸福実現党八重山支部)と、反対する人々とが入り乱れて、シュプレヒコールを上げているシーンです。     ※動画は...

  • 石平氏インタビュー「中国は靖国神社を焼き払う」

    2010.11.06
    石平氏インタビュー「中国は靖国神社を焼き払う」

    中国問題評論家 石平(せき・へい)1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学科を卒業。88年に来日し、神戸大学文学研究科博士課程修了。民間研究機関に勤務した後、評論活動に入る。現在、拓殖大学客員教授。『中国の経済専門家たちが語る ほんとうに危ない! 中国経済』(海竜社)など多数の著作を持つ。   尖閣事件で揺れる日中関係。 中国評論のスペシャリストの石平氏が...

  • キッシンジャー守護霊、尖閣事件を予言?【動画】

    2010.10.21
    キッシンジャー守護霊、尖閣事件を予言?【動画】

    米中ビジネス会議で人民元相場など協議するキッシンジャー博士(New York: 2010/9/22)     イントロダクション:運命の9月7日、その事件は起きた 幸福の科学・大川隆法総裁は8月19日、米ニクソン政権の国務長官などを務めたヘンリー・キッシンジャー博士(1923~)の守護霊を招いて霊言を収録した。 その理由を大川総裁は...

  • 日本は宇宙戦艦ヤマトをつくって地球防衛軍をやれ!【動画】

    2010.10.18
    日本は宇宙戦艦ヤマトをつくって地球防衛軍をやれ!【動画】

    坂本龍馬の霊がブチ上げる「現代の海援隊」構想   龍馬は今も、時代の先を見つめている 11月28日、NHK大河ドラマ「龍馬伝」が最終回を迎える。タイトルは「龍の魂」。 坂本龍馬が暗殺され、魂が昇天していく場面は、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』でも名場面の一つだ。 ドラマの演出が注目されるが、天に還った龍馬の霊はその後どうなっている? それ...

  • 沖縄には米軍も自衛隊も必要だ

    2010.10.15
    沖縄には米軍も自衛隊も必要だ

    現地ルポ 沖縄本島・石垣島・与那国島 尖閣事件の舞台となった沖縄で今、中国の脅威に対する備えや、米軍・自衛隊の必要性を訴える声が大きくなっている。マスコミが描く「反米軍・反自衛隊」の沖縄像を突き崩す、沖縄の真実に迫った。 (編集部 山下格史)   沖縄が変わり始めている──。 尖閣事件で日本政府が中国人船長を釈放した後の10月上旬、事件の舞台...

  • 製造業の未来はこうなる

    2010.07.02
    製造業の未来はこうなる

    上海万博の日本館でバイオリンを演奏する二足歩行の日本製ロボット   2010年9月号記事   人生の羅針盤 No.163 幸福の科学総裁大川隆法 対機説法 未来創造のためのヒント(3)   【問】私は現在、夫が経営する小さな会社を手伝っています。製造業の研究開発を手伝うような仕事です。 近未...

  • 中国「歴史カード」封印の今こそ日本は防衛を固めよ

    2008.05.13
    中国「歴史カード」封印の今こそ日本は防衛を固めよ

    2008年7月号記事 リバティ・オピニオン 胡錦濤来日 日中は歴史問題のくびきから自由になるか?   5月初めに中国国家主席として10年ぶりに来日した胡錦濤氏は、これまでの日中首脳会談で提起されてきた歴史問題を“封印”し、対日関係を重視する姿勢を鮮明にした。これで日本と中国は、歴史問題のくびきから逃れることができるのか...

Menu

Language