rss

タグ「農業」の記事一覧

  • 自民党の正体 - 借金1000兆円になった理由とは?

    2016.05.30
    自民党の正体 - 借金1000兆円になった理由とは?

    写真:AP/アフロ   2016年7月号記事   借金1000兆円になった理由とは? 自民党の正体   自民党は、「国の借金1000兆円」と言う。 しかし、このほとんどは自民党政権でつくられた「自民党の借金」だ。 ここまで増えてしまった背景には何があるのか。 選挙前に知っておくべき「...

  • 新・日本列島改造論 もう田舎とは呼ばせない Part 3

    2016.03.30
    新・日本列島改造論 もう田舎とは呼ばせない Part 3

      2016年5月号記事   もう田舎とは呼ばせない 新・日本列島改造論   働きたくても仕事がない。これが地方の悩みだ。だが、日本を繁栄させるビジョンはある。ここで「新・日本列島改造論」とも言うべき交通革命、未来産業投資、農業などの大胆な自由化の3つを紹介したい。 (編集部 山本慧)  ...

  • 世界で稼げる農業 - 2025 幸福実現党の設計図 第1回

    2015.03.28
    世界で稼げる農業 - 2025 幸福実現党の設計図 第1回

      2015年5月号記事   2025 幸福実現党の設計図   第1回   世界で稼げる農業   幸福実現党が訴えている政策は、「人間は永遠の生命を持ち、自らを高め、この世の発展に貢献するために生まれてくる」という人間観、霊的人生観に基づいています。「政府が国民に何をす...

  • 釈量子の志士奮迅 [第23回]

    2014.05.29
    釈量子の志士奮迅 [第23回]

      2014年7月号記事   第23回 釈量子の志士奮迅 世の中は変えられる!     釈量子 (しゃく・りょうこ)幸福実現党党首。1969年東京都生まれ。國学院大学文学部史学科卒、大手企業勤務を経て、(宗)幸福の科学に入局。本誌編集部、常務理事などを...

  • そもそモグラの幸福実現党Q&A - 後編

    2012.10.26
    そもそモグラの幸福実現党Q&A - 後編

      2012年12月号記事   ここがわからん! そもそモグラの幸福実現党Q&A 後編   2009年に立党した幸福実現党は、他のどの党も避けていた国防の危機を訴え、さらには、経済成長の必要性、宗教立国の志を正面から説いた。この3年間で、同党の政策は現実の政治・経済を動かし始め、海外メディアからも注目され始...

  • 放射能これだけ知れば怖くない 第8回─放射線防護学の第一人者「高田純教授」

    2012.04.26
    放射能これだけ知れば怖くない 第8回─放射線防護学の第一人者「高田純教授」

    2012年6月号記事   放射線防護学の第一人者高田純 教授の 放射能これだけ知れば怖くない 第8回   被災地の地元住民の疑問に応え続けている放射線防護学の第一人者、高田純・札幌医大教授。今回は、食品の放射能基準の厳格化、避難区域の再編など、生活に直結する問題について聞いた。 高田純 (たかだ・じゅん)...

  • 幸・不幸を分ける「心の法則」 Part2

    2011.12.25
    幸・不幸を分ける「心の法則」 Part2

    2012年2月号記事   特集「心の力」で未来は変わる第1部 幸・不幸を分ける「心の法則」 Part2   「世界一の植物工場の技術」を認められ、砂漠の国の王様から「植物工場をつくってほしい」と依頼されたのが、高崎克也さん。農家に生まれ、「農業を未来産業にしたい」という願いを持ち続けて30年以上、ありとあらゆる努力を続け、世界一の技...

  • 【第2部】こんなにある!〝違憲〟な制度と法律 <もし憲法9条で国を守れるとしたら>

    2011.05.29
    【第2部】こんなにある!〝違憲〟な制度と法律 <もし憲法9条で国を守れるとしたら>

    2011年7月号記事   9条をめぐっては賛否の分かれる日本国憲法だが、仮にも憲法と言えば一国の最高法規。本来、何としても守らなければならないものだ。そんな護憲の立場に立ってみると、現代日本には正すべき違憲問題が数多くあることが分かる。   (1)一票の格差 違憲問題としてよく知られているのが「一票の格差」だ。昨年7月に行われた参...

  • 農業の未来をクリエイトする

    2010.06.01
    農業の未来をクリエイトする

    2010年8月号記事   幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法人生の羅針盤 No.162 未来創造のためのヒント(2)   【問】私は現在、農業関連の会社を経営していますが、経営的には非常に困難な状況にあります。会社が潰れることが怖いので、一言アドバイスをいただければ幸いです。 2010年2月7日・福岡国際センターでの...

  • よみがえれ農業

    2009.10.08
    よみがえれ農業

    2009年12月号記事   よみがえれ農業 ──所得補償より自由化を   日本の農業が再生する道筋がなかなか見えてこない。民主党政権は「戸別所得補償制度」というバラマキ政策を実施しようとしているが、今必要なのは自由化政策によって企業家精神を農業分野にも吹き込むことだ。世界的に高いレベルにある農業生産技術を最大限に生かせば、「輸出産業...

Menu

Language