rss

タグ「葬儀」の記事一覧

  • コロナ感染者の遺体と対面できないケース相次ぐ 過剰すぎる政府のガイドライン

    2021.02.24
    コロナ感染者の遺体と対面できないケース相次ぐ 過剰すぎる政府のガイドライン

    新型コロナウィルスに感染して亡くなった人が、二次感染を警戒する病院や葬儀業者などの対応により、家族との「最後の対面」もないまま火葬されるケースが相次いでいることについて、23日付毎日新聞が報じています。

    ...

  • 天国に還れる生き方を──幸福の科学の葬儀【どうして供養が大切なのか(3)】

    2020.04.13
    天国に還れる生き方を──幸福の科学の葬儀【どうして供養が大切なのか(3)】

      新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、葬儀の規模縮小や自粛が広がっている。こんな時だからこそ、「葬儀や供養の意味」が問われているような気がしてならない。   本欄では、このたび肉親を亡くした記者が、「幸福の科学式の葬儀」の経験をもとに、その意味を考えてみる。   【どうして供養が大切なのか】 第1回目 : 「どの...

  • 「どのような葬儀にしようか」──幸福の科学の葬儀 【どうして供養が大切なのか(1)】

    2020.03.23
    「どのような葬儀にしようか」──幸福の科学の葬儀 【どうして供養が大切なのか(1)】

      「家族葬」「後葬」「直葬」「0葬(ゼロ葬)」……。さまざまな葬儀の形がある今、問われているのは「なぜ葬儀や供養が必要なのだろう」ということだ。   このたび肉親を亡くした記者が、「幸福の科学式の葬儀」の経験をもとに、その意味を考えてみたい。   第1回目は「どのような葬儀にしようか」。 ...

  • 老後が不安で仕方がない人へ──精神科医がおすすめする心を浮かせる名作映画(16)

    2019.10.28
    老後が不安で仕方がない人へ──精神科医がおすすめする心を浮かせる名作映画(16)

      人間関係に疲れた時、気分転換になるのが映画です。   映画を選ぶ際に、動員数、人気ランキング、コメンテーターが評価する「芸術性」など、様々な基準があります。   アメリカでは、精神医学の立場から見て「沈んだ心を浮かせる薬」になる映画を選ぶカルチャーがあります。一方、いくら「名作だ」と評価されていても、精神医学的に「心を...

  • 葬儀業界のIT化で「読経ロボット」「ネット葬儀」が話題 葬式の本来の意味とは?

    2017.08.16
    葬儀業界のIT化で「読経ロボット」「ネット葬儀」が話題 葬式の本来の意味とは?

      《本記事のポイント》 ロボットによる読経やネットで葬儀を配信する新サービスが話題を呼ぶ 宗教的な儀式である葬儀の意味が分からない現代人が増えている 死者の魂が迷わないよう、死後の世界の真実などを説くことが、聖職者の本来の使命   日本には、お盆に里帰りし、先祖供養を行う風習がある。最近は「終活」という...

  • 「お寺が消える時代」に考えたい 本当に安心できる「終活」 Part1

    2015.09.30
    「お寺が消える時代」に考えたい 本当に安心できる「終活」 Part1

      2015年11月号記事   「お寺が消える時代」に考えたい 本当に安心できる「終活」   人生を後悔なく締めくくれるように備える「終活」がブームだ。しかし一方で、葬儀の担い手であった僧侶の存在意義が問われ、全国でお寺が消えている。「0葬」「自然葬」などで済まそうとしている人もいる今、「本当に安心できる終活」とは...

  • 誤解だらけの慰霊・鎮魂(2)─震災犠牲者の霊は今どうなっているのか?

    2011.09.27
    誤解だらけの慰霊・鎮魂(2)─震災犠牲者の霊は今どうなっているのか?

    2011年11月号記事   ほんとうの「慰霊・鎮魂」とは?   佐藤さんが「本当によくわかった」と言う幸福の科学の慰霊とは、どういうものなのか。幸福の科学の霊園の一つ「来世幸福園」を抱える聖地・四国正心館の伊藤真道館長に、「慰霊・鎮魂」について尋ねてみた。   伊藤真道(いとう・しんどう) 幸福の...

Menu

Language