rss

タグ「介入」の記事一覧

  • 飲食店の取引先にも給付金、農業や漁業者も対象へ ばら撒きはどこまで可能か?

    2021.01.09
    飲食店の取引先にも給付金、農業や漁業者も対象へ ばら撒きはどこまで可能か?

    緊急事態宣言に伴い、営業時間を短縮する飲食店の取引先を支援するための給付金の支給が検討されていると、9日付読売新聞電子版が報じました。

    ...

  • 緊急事態宣言を7日に再発令へ 春に引き続き、やはり過剰介入は失政

    2021.01.05
    緊急事態宣言を7日に再発令へ 春に引き続き、やはり過剰介入は失政

    菅義偉首相は5日の自民党役員会で、新型コロナウィルスの感染が拡大している東京都、埼玉、千葉、神奈川の3県を対象に、緊急事態宣言を再発令することについて、7日に決める方針を発表した。

    ...

  • 英FT紙「中国が台湾メディアに介入」 総統選控え親中の韓国瑜氏にテコ入れか

    2019.07.22
    英FT紙「中国が台湾メディアに介入」 総統選控え親中の韓国瑜氏にテコ入れか

    画像は、フィナンシャル・タイムズ紙のホームページ画面。   《本記事のポイント》 英FT紙が、中国政府による台湾メディアへの介入を指摘 台湾総統選を控え、親中派にテコ入れか 日本政府は「日台交流基本法」を制定し、台湾を守るべき   来年1月に予定されている台湾の総統選をめぐり、中国政府による台湾メ...

  • 天下りあっせん問題で最終報告 文部科学省の不正行為はなぜなくならないのか

    2017.04.02
    天下りあっせん問題で最終報告 文部科学省の不正行為はなぜなくならないのか

    文科省の天下りあっせん問題の最終報告を報じる31日付各紙。   《本記事のポイント》 文科省の天下りあっせん問題で最終報告書が公表された。 文科省は日常的に違法な天下りあっせんや情報漏洩などの「不正」を行っていた。 大学設置・学校法人審議会が学長人事に口を挟むことに正当性はない。   文部科学省の...

  • 働き方改革に見る「共産主義化」の嫌な流れ

    2017.03.20
    働き方改革に見る「共産主義化」の嫌な流れ

      《本記事のポイント》 行き過ぎた市場介入は共産主義につながる 働き方改革と不気味な言論空間 企業の自由を広げる規制緩和の考え方も入れるべき   安倍政権の進める「働き方改革」に関する解説記事が、読売新聞に掲載された。   政府が設置する「働き方改革実現会議」では、残業時間上限...

  • 総務省が携帯代金値下げのために新たな策? それとも新たな介入?

    2016.09.25
    総務省が携帯代金値下げのために新たな策? それとも新たな介入?

      スマホ代金値下げを狙い、総務省が新たな手を打つ。 携帯電話会社大手3社(NTTドコモ、ソフトバンク、au)が格安スマートフォン事業者に貸し出している通信回線の使用料を、総務省が引き下げる方針を固めた。   携帯電話会社や放送局は、総務省から電波の周波数を割り当てられ、その使用料である「電波利用料」を納めて事業を営んでいる。一方、格安スマ...

  • 家宅捜索を利用した政党潰し!? - 選挙が危ない 3

    2016.08.30
    家宅捜索を利用した政党潰し!? - 選挙が危ない 3

    基本的に、警察は正義の味方。だが、時として権力の道具として使われることもある。写真:ロイター/アフロ   2016年10月号記事   選挙が危ない   家宅捜索を利用した政党潰し!?   選挙が終わると、選挙違反の問題が取り沙汰される。 だが、時の政権と警察は密接な関係にあり、いつ...

  • 中国の「アメリカは南シナ海に口を出すな」にはこう言い返せ

    2016.06.10
    中国の「アメリカは南シナ海に口を出すな」にはこう言い返せ

      北京で行われた「米中戦略経済対話」がこのほど閉幕した。中国が海洋進出を進める南シナ海の問題に関して、両者の主張の溝は埋まらなかった。   米国のケリー国務長官は、国際的な仲裁裁判を念頭に置き、「法と外交、交渉による解決」を求めた。   それに対し、中国の楊潔※チ国務委員は「当事国間での協議を通じた解決を目指す」と主張(...

  • 日銀総裁が春闘スタートを前に「賃上げ」要請 政府の過度な介入に注意

    2016.01.07
    日銀総裁が春闘スタートを前に「賃上げ」要請 政府の過度な介入に注意

    Takashi Images / Shutterstock.com   労働組合が、「賃上げ」や「労働時間の短縮」といった労働条件の改善を求めて企業と交渉する「春闘」がまもなくスタートする。   経団連などが5日に開催したパーティーに参加した黒田東彦・日銀総裁は、初めて壇上に立ち、「(日銀が目標とする)2%の物価上昇は、それに見合った賃金上...

  • Part4 プーチンは世界の混乱期の秩序維持を考えている - この“独裁者"は天使か? 悪魔か? プーチンの正義

    2014.05.30
    Part4 プーチンは世界の混乱期の秩序維持を考えている - この“独裁者"は天使か? 悪魔か? プーチンの正義

      2014年7月号記事   Part 4   プーチンは世界の混乱期の秩序維持を考えている   プーチン大統領は「世界秩序を破壊しようとしている」と批判されている。パート4では、プーチン氏が考える新たな世界秩序について探る。   contents ...

Menu

Language