rss

タグ「パンデミック」の記事一覧

  • イギリスの変異株「B117」が静岡に流入 中国は民族・人種別の生物兵器を使用している

    2021.01.19
    イギリスの変異株「B117」が静岡に流入 中国は民族・人種別の生物兵器を使用している

    静岡県の20~60代の男女3人が、イギリスで流行しているコロナの変異種に感染していたことが、18日に分かりました。

    ...

  • 「国家か、それとも市場か」コロナ禍だからこそハイエクとケインズの論争を振り返る

    2020.08.20
    「国家か、それとも市場か」コロナ禍だからこそハイエクとケインズの論争を振り返る

      《本記事のポイント》  明らかになってきた新型コロナ対策が与えた経済への影響 「大きな政府」は本当に経済を回復させるのか?  自由を守ることが経済を守ること     中国の武漢で発生した新型コロナウィルスが全世界に拡大し、世界的なパンデミックを引き起こした。世界の...

  • 【漫画動画風】新型コロナウィルス拡大で、中国が"胸をなでおろす"!?【未来編集】

    2020.04.11
    【漫画動画風】新型コロナウィルス拡大で、中国が"胸をなでおろす"!?【未来編集】

      とある場所で、重要な委員会が開かれていた──。   国際ニュースを"逆"から見るための漫画動画風コンテンツ、「独裁委員会」をお送りいたします。     新型コロナウィルス拡大で、中国が"胸をなでおろす"!?【漫画動画風|未来編集】 ...

  • コロナ対策にみる中国の国連取り込み戦略 毛沢東時代からやっていた!

    2020.04.06
    コロナ対策にみる中国の国連取り込み戦略 毛沢東時代からやっていた!

    写真:paha1205 / Shutterstock.com   中国・武漢で発生し、その後世界に感染が拡大している新型コロナウィルス。感染拡大と共に注目を集めているのが、世界保健機関(WHO)の事務局長であるテドロス氏と中国の習近平国家主席との"蜜月ぶり"です。   テドロス氏やWHOは、繰り返し中国をかばったり絶賛し...

  • 新型コロナウィルス肺炎は10年前に予言されていた!? 予言者が示す日本の生き筋

    2020.03.11
    新型コロナウィルス肺炎は10年前に予言されていた!? 予言者が示す日本の生き筋

    写真:IHOR SULYATYTSKYY / Shutterstock.com   《本記事のポイント》  大川総裁の霊言でパンデミックを予想したケイシー 「経済の中国依存」も予言されていた  本書で語られた日本へのアドバイスとは?   20世紀アメリカの心霊治療家エドガー・ケ...

  • 新型インフルエンザ対策最前線

    2009.02.15
    新型インフルエンザ対策最前線

    2009年4月号記事   パンデミックを防ぐ万能ワクチンの開発に日本が成功   近い将来にパンデミック(世界的流行)を引き起こし、各国に深刻な被害をもたらす怖れのある新型インフルエンザ。国内でも一般市民の危機意識が高まっているこの時期に、日本の研究班が開発に成功した「万能ワクチン」とは? 一方で、主婦の発想から生まれた家庭用の対策セットも注...

  • 新型インフルエンザで生き残る方法

    2008.12.16
    新型インフルエンザで生き残る方法

    2009年2月号記事 あなたは会社はその時どうする 発生すれば国内で死者は数十万ともいわれる新型インフルエンザ。関連の報道も増えているが、パンデミック(世界的大流行)が起きた場合の具体的行動を決めている家庭や職場は、まだ少ない。感染が広まってからでは遅すぎる。1月に劇場公開される注目の映画「感染列島」の話題も交えて、「その時」のために一人ひとりがどう備えるべきかを考える。(編...

  • 新型インフルエンザH5N1の脅威

    2008.03.13
    新型インフルエンザH5N1の脅威

    2008年5月号記事   国内で死者数百万人!? 世界的大流行から生命を守るために自分でできること、国家がすべきこととは何か   ヒトの全身を冒して多臓器不全を起こし、感染者の60パーセントが死ぬ──。そんな「新型インフルエンザ」の猛威が迫っている。現在までにアジアなどで計200人以上の死者が出ているH5N1型鳥インフルエンザ。この...

Menu

Language