rss

カテゴリ「世界:北米」の記事一覧

  • マクマスター米大統領補佐官就任で、「イスラム国」打倒が鮮明に

    2017.02.23
    マクマスター米大統領補佐官就任で、「イスラム国」打倒が鮮明に

      アメリカのトランプ大統領はこのほど、辞任したマイケル・フリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)に代わって、米陸軍能力統合センター所長のH・R・マクマスター陸軍中将を起用すると発表した。   マクマスター氏は、1991年の湾岸戦争で活躍し、敵対する武装勢力との交戦において勇敢さを示した兵士に授与される「銀星章」を受章。イラク、アフガニスタン戦争に...

  • 「サッチャーこそトランプ政権の本当のモデル」 ギングリッチ氏が発言

    2017.02.07
    「サッチャーこそトランプ政権の本当のモデル」 ギングリッチ氏が発言

    By White House photo office(Wikimediaより)   《本記事のポイント》 ギングリッチ氏が「サッチャーこそトランプ政権の本当のモデル」と指摘 サッチャーもトランプ氏も一般国民の味方だった 個人や国家が「自己責任」を取れる経済政策が必要   「大幅減税」「インフラ投...

  • 入国禁止令に批判噴出 信念を曲げないトランプ氏

    2017.02.02
    入国禁止令に批判噴出 信念を曲げないトランプ氏

      《本記事のポイント》 入国制限でトランプ氏が批判にさらされている。 入国を禁じているのは一時的であり、アメリカ人を守るため。 世論調査では、トランプ氏を支持する人々の方が多い。   トランプ米大統領がテロ対策として、イスラム教徒が多数を占める7カ国の人々の入国を禁止する大統領令に署名したことを受け、ア...

  • 新書から読めば挫折しない! 教養人への道 - Vol.9 トランプを選んだアメリカ

    2017.01.29
    新書から読めば挫折しない! 教養人への道 - Vol.9 トランプを選んだアメリカ

      2017年3月号記事   新書から読めば挫折しない! 教養人への道   「読書で教養を深めたい」と思っても、一体何から読めばいいのか分からない―。 このコーナーでは、教養を深めていくための、入り口になる新書を紹介します。   Vol.9 トランプを選んだアメリカ   ...

  • 【社説読み比べ】トランプ米大統領「アメリカ・ファースト」への戸惑い広がる

    2017.01.23
    【社説読み比べ】トランプ米大統領「アメリカ・ファースト」への戸惑い広がる

      《本記事のポイント》 新聞各紙は「アメリカ・ファースト」のトランプ新大統領に戸惑いを見せる。 まずはアメリカが強くならなければ、国際秩序は守れない。 アメリカに頼りきっていた日本も自立を目指す必要がある。   トランプ大統領が、第45代アメリカ大統領に就任した。   就任初日...

  • ドナルド・トランプ大統領が誕生 「自国ファースト」主義はすべての国に必要

    2017.01.22
    ドナルド・トランプ大統領が誕生 「自国ファースト」主義はすべての国に必要

      まさに歴史的な瞬間だった。   不動産王ドナルド・トランプ氏が20日、第45代アメリカ大統領に就任した。トランプ大統領は約16分の大統領就任演説で、「アメリカ・ファースト主義」に基づいて国を率いていくことを宣言した。トランプ大統領が行った演説の一部を紹介する。   「本日の式典には、とても特別な意味があります。(中略)...

  • オバマ大統領が退任会見 8年間の失敗は予言されていた!?

    2017.01.20
    オバマ大統領が退任会見 8年間の失敗は予言されていた!?

    Ververidis Vasilis / Shutterstock, Inc.   《本記事のポイント》 オバマ米大統領が最後の記者会見を行った。 大川隆法・幸福の科学総裁は折々にオバマ氏の守護霊霊言を収録していた。 霊言の中でオバマ氏の失敗は予言されていた。   オバマ米大統領は18日、ホワイト...

  • トランプが当選後初会見「最大の雇用創出者となる」 政策を貫くのは「愛国心」

    2017.01.13
    トランプが当選後初会見「最大の雇用創出者となる」 政策を貫くのは「愛国心」

    Action Sports Photography / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 トランプ次期大統領が、当選後初めての記者会見を行った トランプ氏は、「最も雇用を生み出す大統領になる」と主張した 雇用を守るために高い関税をかける方針は、単なる保護主義とはいえない   ...

  • トランプの「ツイート砲」が日本企業を標的に 安倍外交の正念場がやってきた

    2017.01.08
    トランプの「ツイート砲」が日本企業を標的に 安倍外交の正念場がやってきた

      《本記事のポイント》 トランプ氏がトヨタの工場計画を批判 安倍政権が進めるTPPに待ったをかけたもの 日本は外需ではなく、内需を活性化させるべき   「トヨタ自動車は米国向けのカローラ製造のための新しい工場をメキシコのバハ(カリフォルニア半島)に建てると言った。とんでもない!」「米国内に工場を建てろ。...

  • トランプ大統領誕生を前に「グローバリズム」について考える

    2017.01.04
    トランプ大統領誕生を前に「グローバリズム」について考える

      アメリカのドナルド・トランプ氏の大統領就任を控えて、今後、国際的に「グローバリズムの流れが断ち切られる」という分析が増えている。   グローバリズムとは、貿易や金融などにおいて国家の枠を超え、世界を一つのルールで統一しようというもの。ソ連崩壊後の1990年代以降に世界に広まり、国境を超えて商売をする多国籍企業が台頭した。   ...

Menu

Language