rss

カテゴリ「社会:医療」の記事一覧

  • 笑って死ねる「往生際」

    2006.03.08
    笑って死ねる「往生際」

    2006年5月号記事 尊厳死問題から考える 笑って死ねる「往生際」   尊厳死を巡る議論がにわかに活気づいている。 安らかな死を求めてさまざまな立場の考え方が入り乱れているが、人間にとって望ましい往生際とは何なのだろうか。       延命? 死への準備? なぜ治療の選択を...

  • がんにならない人生

    2006.02.08
    がんにならない人生

    2006年4月号記事 医療最前線 がんにならない人生   がんは、日本人の死因の第1位を占め、今や3人に1人はがんで亡くなっていると言われる。2015年には、年間約89万人が発病すると推定されている国民病だ。だが、そんな事態に手をこまねいているわけにはいかない。治療や予防医学の現場などから、「がんにならない」秘訣をリポートする。   ...

  • 医療費の「払い過ぎ」を防ぐ方法

    2005.11.07
    医療費の「払い過ぎ」を防ぐ方法

    2006年1月号記事 病気のショックに思わぬ追い討ち── 医療費の「払い過ぎ」を防ぐ方法   病気や介護の苦しみから自殺や心中に至るケースは珍しくない。 その原因の一つとして見逃せないのが入院・治療や介護の経済的な負担だが実は軽減できる方法もある。 公的な支援制度の知識を持つことも自殺予防のもう一つのカギだ。   ...

  • 医師とのコミュニケーションを大切に

    2005.09.07
    医師とのコミュニケーションを大切に

      2005年11月号記事 「健康診断」はホントに効果ある!? 診断結果を過信せず医師とのコミュニケーションを大切に   健康診断(健診)で異常がないからといって安心できない── 健診の効果を見直す厚労省研究班の報告書が波紋を呼んでいる。要は健診結果だけで安心せず体の異常を感じたら医師に症状を詳しく相談するなど医師との言葉に...

  • 進歩する医療の光と影

    2005.08.07
    進歩する医療の光と影

    2005年10月号記事 医学における唯物論は克服できるか 進歩する医療の光と影   脳死臓器移植や安楽死・尊厳死の問題、さらには人工臓器の可能性── 進歩する医療のなかで、人間の誕生と死をめぐって揺れる生命倫理の問題をどう考えるべきか。その現状をレポートし、あるべき姿を考えた。      ...

  • 霊的視点から見た脳死臓器移植

    2005.04.07
    霊的視点から見た脳死臓器移植

      2005年6月号記事 法改正論議の前に知っておきたい── 霊的視点から見た脳死臓器移植   臓器移植法が改正されようとしている。脳死患者が事前に臓器提供する意思を示していなくても、家族がOKするだけで臓器移植を可能とする根本的な内容の変更だ。本誌がかねてから指摘しているように、人の生死にかかわる脳死臓器移植を考えるうえでは霊的視...

  • 「移植」に代わる先端医療を追う

    2004.07.06
    「移植」に代わる先端医療を追う

      2004年9月号記事 重症患者への救いの手   「移植」に代わる先端医療を追う ──人工臓器と再生医療   脳死臓器移植の是非が論議されるなかで代替医療への関心が高まっている。 脳死臓器移植に代わる医療は、いかにあるべきか? 心臓を中心に、開発・実用化の進む人工臓器と夢の治療法と言われる再生医療...

  • 臓器移植大国  アメリカのジレンマ  「日本は今ならやめられる」

    2004.05.06
    臓器移植大国 アメリカのジレンマ 「日本は今ならやめられる」

    2004年7月号記事 脳死の権威が次々に主張を転換 臓器移植大国  アメリカのジレンマ  「日本は今ならやめられる」      国民すべてを「ドナー候補」にする臓器移植法改正案 自民党調査会は臓器移植法の改正案をまとめ、6月中旬までの通常国会か秋の臨時国会に提出する方針だ。改正案は、現行法の柱...

  • 死んだらどうなる!?

    2004.04.01
    死んだらどうなる!?

    2004年6月号記事   『永遠の生命の世界』緊急発刊特集 臓器移植法の見直しが論議される中で改めて「脳死は人の死か」が問われている。 これは、人間の生と死についての根源的な疑問の一つといえる。 このほど発刊された『永遠の生命の世界』(大川隆法著・幸福の科学出版) で...

  • 人生の土壇場でつかんだ「大切なもの」

    2003.09.05
    人生の土壇場でつかんだ「大切なもの」

    2003年11月号記事 人生煌めきの瞬間28 がん、手術、そして再発───人生の土壇場でつかんだ「大切なもの」 大阪府 亀田成司(47歳)   日本人の死因は、4人に1人が、がんだという。 がんに冒されると、多くの人は死について考えざるを得ない。 今回は、仕事人間だった男性ががんを宣告されて手術、そして再発という人生の土壇場で...

Menu

Language