rss

記事一覧

  • 子供たちの安全を守る!

    2005.05.07
    子供たちの安全を守る!

      2005年7月号記事 大阪ルポ 愛と連帯の住民パワーで子供たちの安全を守る!   最近、全国各地で子供たちが狙われる事件が続発している。一方で、そうした事件に危機感を抱いて、「自分たちの町は自分たちで守ろう」と立ち上がった地域がある。こうした活動が特に活発な、大阪の「子供を守る取り組み」を追った──   ...

  • 日本人の「自殺観」

    2005.05.07
    日本人の「自殺観」

      2005年7月号記事 自殺者を減らそうキャンペーン 人びとの多くが容認する風土? 大検証日本人の「自殺観」   「自殺は場合によっては仕方がない」 「潔く、ケジメをつけた」 「厳しい世相の犠牲者だ」──。 自殺を容認するような雰囲気が日本には少なくない。だが、こうした意識が先進国の中で最悪のレベル...

  • 光り輝く老年期のために

    2005.05.07
    光り輝く老年期のために

    2005年7月号記事 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第101回 幸福の科学総裁 大川隆法 『幸福へのヒント』講義(14)   老年期はあの世への移行期間 幸福へのヒント光り輝く家庭をつくるには 定価 1,575円(税込)著者大川隆法 ...

  •  『おくのほそ道』に秘められたメッセージ

    2005.04.07
    『おくのほそ道』に秘められたメッセージ

      2005年6月号記事 シリーズ 元気の出る人物伝 第8回 西行法師から芭蕉へと受け継がれた「巡礼の心」 『おくのほそ道』に秘められたメッセージ   若葉萌ゆる5月── 俳聖・芭蕉はこの季節に『おくのほそ道』で知られる東北への旅に出発した。 何が芭蕉の心をみちのく路へかきたてたのか。 実は研究者の間...

  • 東北「世界一」への挑戦

    2005.04.07
    東北「世界一」への挑戦

      2005年6月号記事 シリコンバレーも真っ青? みちのくハイテクレポート 東北「世界一」への挑戦   東北が熱く盛り上がっている。 仙台を本拠地に発足した、プロ野球50年ぶりの新球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」などはその象徴だろう。 しかし、さらに熱が上がっているのがハイテク分野における最先端の研究だ。 ...

  • 霊的視点から見た脳死臓器移植

    2005.04.07
    霊的視点から見た脳死臓器移植

      2005年6月号記事 法改正論議の前に知っておきたい── 霊的視点から見た脳死臓器移植   臓器移植法が改正されようとしている。脳死患者が事前に臓器提供する意思を示していなくても、家族がOKするだけで臓器移植を可能とする根本的な内容の変更だ。本誌がかねてから指摘しているように、人の生死にかかわる脳死臓器移植を考えるうえでは霊的視...

  • 幼少時の教育で大切なこと

    2005.04.07
    幼少時の教育で大切なこと

    2005年6月号記事 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第100回 幸福の科学総裁 大川隆法 『幸福へのヒント』講義(13)   幼少時は情操教育と基礎訓練が大事 幸福へのヒント光り輝く家庭をつくるには 定価 1,575円(税込)著者大川隆法 ...

  • 命の大切さを教えるには

    2005.03.07
    命の大切さを教えるには

    2005年5月号記事   子供が凶悪事件を起こさないために── 命の大切さを教えるには 昨年6月、12歳の少女が同級生を殺害した長崎県佐世保市での事件など子供による凶悪事件が後を絶たない。 わが子をこうした事件の被害者にも加害者にもしないために「命の大切さ」をどう教えればいいのか―― 「生と死の教育」について、活発に取り組んでいる九州...

  • 続発するネット自殺を防げ

    2005.03.07
    続発するネット自殺を防げ

      2005年5月号記事 「自殺者を減らそう」キャンペーン2005 防止対策に本腰を! 続発するネット自殺を防げ 見知らぬ自殺志願者同士がインターネットの掲示板で知り合い集団で自殺する「ネット自殺」が続発している。 その背景にあるものは何でありどうすれば防ぐことができるのか? 海外の現状を踏まえ、原因と対策を探った。 ...

  • 虐待の恨みを乗り越えて

    2005.03.07
    虐待の恨みを乗り越えて

      2005年5月号記事 人生煌めきの瞬間 45 「アダルト・チルドレン」との決別──虐待の恨みを乗り越えて 貧しさのなか両親の愛を得られず育ったあげく兄から受け続けた虐待の数々── 長年の想像を絶する苦しみから立ち直った一人の女性の、壮絶な魂の記録。 高井 恵美(仮名、38歳)   ハンカチひとつとっても使い古しの...

Menu

Language