山口敏太郎のエックス-リポート 【第37回】

山口敏太郎のエックス-リポート 【第37回】

 

2015年9月号記事

 

No. 037

 

山口敏太郎のエックス-リポート

オカルト研究家・山口敏太郎氏が宇宙人、UFO、その他のミステリー情報を合理的、科学的、実証的、ジャーナリスティックに検証する

 

(やまぐち・びんたろう)

1966年、徳島市生まれ。神奈川大学経済学部卒業。作家、妖怪研究家、漫画原作者。(株)山口敏太郎タートルカンパニー代表取締役。日本通運でIT担当や営業に携わり、作家に転身。1996年、学研「ムー」のミステリーコンテストで論考「妖怪進化論」が優秀賞受賞。著書は『霊怪スポット 戦慄の最新ファイル』(KAWADE夢文庫)、『恐怖呪い姫~実話狂気怪談』(TO文庫)など多数。TV、ラジオ出演のほか、多数のネットニュースに寄稿。真言宗信徒。メルマガ「山口敏太郎のサイバーアトランティア~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中。 http://foomii.com/00015

 

 

 未確認飛行物体(UFO)や宇宙人の存在に迫る研究結果が発表された。オーストラリアの量子物理学研究チームがこのほど、「観測する手段によって、粒子が粒として現れるか、波として現れるかが決まる」という説を実験で証明したと科学誌「ネイチャー」に発表したのだ。

 発表されたのは、理論物理学者ジョン・ホイーラーが1970年代に提唱した、「ホイーラーの遅延選択実験」という説。量子力学では、物質には「粒子性」と「波動性」という二つの性質があり、観察されるまでどちらの姿かは分からず、観察時の観測手段で決まるのだという。

 このニュースを聞いて、「宇宙に存在するすべての物質はエネルギーが形を変えたもの」と教える、仏教の「色即是空、空即是色」が思い浮かんだ。

 この説からは、UFOが見えるか見えないかということも、観測する側に原因があるのではないかと思えてくる。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

中国で仏像型UFO?

オランダのクラゲ型UFOとは

伊勢神宮の上空にUFO出現!

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年9月号記事  山口敏太郎  Xリポート  UFO  仏像  クラゲ  斎宮  伊勢神宮  

Menu

Language