30歳までに「悟り」たいこと - 「現代的悟りとは何か」/大悟の後にあった知られざる葛藤 - 「『私の生き方、考え方』─現代的悟りとは何か(2)─」 - 大川隆法総裁 法話レポート

30歳までに「悟り」たいこと - 「現代的悟りとは何か」/大悟の後にあった知られざる葛藤 - 「『私の生き方、考え方』─現代的悟りとは何か(2)─」 - 大川隆法総裁 法話レポート

 

2015年5月号記事

 

法話抜粋レポート

 

30歳までに「悟り」たいこと

「現代的悟りとは何か」

2015年2月27日 幸福の科学総合本部

 

「この人は人格者だ」「この人は物事がよく分かっている」、そんな人が周りにいないだろうか。

 幸福の科学では、精神的な向上である「悟り」こそ、人生の目的だと教えている。「悟り」と聞くと、肉体修行による超人的な境地というイメージを持つかもしれない。しかし、「現代の悟り」は、日常の社会生活の中で得る人格や認識力のことだ。

 大川総裁は、「現代的悟りとは何か」と題し、主に30代までの人物づくりの指針を示した。

  • 優秀な人が「口の悪さ」を克服する方法
  • 仕事の「判断力」に効く直観力の磨き方
  • 「お金の使い方」や「異性関係」で問われる悟り

 

 大川総裁は、日常における具体的な修行課題を解説。知的努力や、性格矯正の努力を人知れず続ければ、必ず仕事の大きさ、周りへの影響力として現れると、若者を励ました。

 

 


 

 

法話抜粋レポート

 

大悟の後にあった知られざる葛藤

「『私の生き方、考え方』─現代的悟りとは何か(2)─」

2015年3月18日 幸福の科学総合本部

 

大川総裁が最初に説法を行った会場。現在では「初転法輪記念館」となっている。

「悟り」を得れば、悩みや葛藤から解放されると考える人もいるのではないか。だが、「悟り」とは一度獲得すれば一生通用するというものではない。

 1981年3月23日は、大川総裁が天上界と交流を始め、悟りを開いた記念日であり、幸福の科学では「大悟祭」として祝う。

 本法話では、大川総裁が「大悟」してから現在に至るまでの、知られざる葛藤の歴史を振り返りながら、次のような観点から悟りの厳しさと奥深さが示された。

  • 大悟から宗教法人格取得までの「忍耐」の時期
  • 商社時代の上司との関係
  • 嫉妬に基づいたマスコミ報道との戦い
  • 年上の幹部を使う苦労
  • 想像以上の速度で発展してきた教団の運営

 

 最後には、困難や失敗があっても、「真理を伝道したいという気持ちに偽りがあってはならない」と、決意を込めて語った。

 

 

 

ここに紹介したのは法話のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

/ Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 2015年5月号記事  大川隆法  法話  悟り  葛藤  性格  異性  修行  

Menu

Language