「南京」「慰安婦」を記憶遺産にしてはいけない理由【そもそも解説】

 

中国はユネスコの記憶遺産として、「南京大虐殺」と「慰安婦強制連行」に関する資料を、昨年6月に登録申請しました。中国の博物館に収蔵されているものなどが対象です。申請は受理されており、その審査結果は今夏に発表されます。

 

日本政府は中国に、登録申請の取り消しを要求しましたが、拒否されました。この登録に反対する署名活動が、現在、行われています(関連サイト参照)。

 

「南京大虐殺」も「慰安婦強制連行」も、中国や韓国の嘘だということは、本欄でも何度も指摘していますので、ご存知の方も多いでしょう。

 

では、ユネスコの記憶遺産に登録されると、どうなってしまうのでしょうか。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language