日本が初めて生み出した方法や考え方で世界中の壁を打ち破る - 「壁を破る力」 - 大川隆法総裁 法話レポート

日本が初めて生み出した方法や考え方で世界中の壁を打ち破る - 「壁を破る力」 - 大川隆法総裁 法話レポート

 

2014年7月号記事

 

法話レポート

 

日本が初めて生み出した方法や考え方で世界中の壁を打ち破る

「壁を破る力」

5月6日 東京正心館

 

 

 仕事や人生の課題において、“障害物"と見えしものにぶつかって、挫折感に悩んでいる人は多いことだろう。大川総裁は「壁を破る力」と題し、行き詰まりを打開するための智慧と勇気あふれる法話を説いた。

 

 

心の中にある壁に気づき考える力を武器に突破する

 まず、突破すべきものとして大川総裁が指摘したのは、心の中の壁だ。日本人全般について言えることとして、「ネガティブな思考が強すぎる」ため、「新しいこと、未知なること、前例のないことを否定し、現状を維持するという思考に入るパターンの人が極めて多い」と指摘。また、できない言い訳を並べ始める“習慣"に陥っていることが多いので、「プラスの考え方に入れ替える習慣を身につける」ことが大事だと語った。

 本法話では、この「考える力」こそ困難を打ち破る武器であるとして、総裁自身の経験や幸福の科学の歴史を例にとりつつ、壁を破る方法を具体的に説いた。

 幸福の科学では当初、総裁の講演会とセミナーで経営が成り立っていたが、正心館や精舎で弟子が研修を行うようになった。教育事業にも進出し、幸福の科学学園中学・高校を建てて理想の教育モデルを創り、今は大学の創立にチャレンジしている。最初は素人だったが、「こういうものをつくろう」という構想の下に数々の壁を乗り越え、プロと呼べるレベルに達した。これはまた、世の常識を打ち破ってきたプロセスでもある。

 大川総裁は、「日本初のもので、世界に影響を与えているものがあまりに少ない」ことが残念だとして、幸福の科学大学から日本人離れした人材を世に送り出し、世界が苦労している部分や困難にぶち当たっていることを克服する方法を打ち出していきたいと決意を述べた。

 

 

ここに紹介したのは法話のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

本霊言は、幸福の科学の全国の支部・精舎・拠点で公開中です。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 2014年7月号記事  大川隆法  法話  壁を破る      未知  ネガティブ  前例  習慣  考える力  

Menu

Language