愛欲小説を書き続ける尼僧の本音に迫る 「『煩悩の闇か、それとも長寿社会の理想か』 - 大川隆法総裁 公開霊言抜粋レポート

愛欲小説を書き続ける尼僧の本音に迫る 「『煩悩の闇か、それとも長寿社会の理想か』  - 大川隆法総裁 公開霊言抜粋レポート

 

2014年5月号記事

 

公開霊言抜粋レポート

 

愛欲小説を書き続ける尼僧の本音に迫る

「『煩悩の闇か、それとも長寿社会の理想か』 ─瀬戸内寂聴を霊査する─」

3月8日 幸福の科学総合本部

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

 日本天台宗の尼僧で、小説家としても知られる瀬戸内寂聴氏。91歳になった今でも講演や執筆に精力的に取り組んでいるが、出家後も不倫をテーマにした小説を著していることに批判も多い。瀬戸内氏の守護霊に話を聞き、その本性に迫った。

 

 

欲を持ち続けることが悟り?

 瀬戸内氏の守護霊は、愛欲に満ちた小説を書き続けている理由を問われ、「愛欲を探究しないでは仏教の真実に到達できない」「愛欲をそのままに愛することが悟りへの道」という説を展開。「煩悩こそ、悟りの正体」として、愛欲や名聞欲(名声を求める心)を積極的に肯定した。

 大乗仏教には「煩悩即菩提」という考え方がある。ただ、これは決して煩悩自体が悟りという教えではない。現成の仏陀・大川総裁は、過ぎた欲はコントロールしつつ、自己実現の力につなげていくことが大切であると説いている。欲望の完全否定も積極的肯定も、悟りの道とはいえない。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年5月号記事  大川隆法  公開霊言  瀬戸内寂聴  愛欲  仏教  悟り  名聞欲  普通  降魔成道  

Menu

Language