【海外論壇】「日中関係の悪化は共産党の歴史捏造が原因」と在米中国人政治学者

「歴史を忘れた民族に未来はない」という横断幕を、韓国サポーターがサッカー日韓戦でスタジアムに掲げたことは記憶に新しい。慰安婦問題などで日本に謝罪を求める韓国だけでなく、中国も大使が各国で「日本はナチスと同じ」という宣伝を行い、「日本は歴史と向き合うべきだ」と盛んに喧伝している。

 

しかし、中国共産党政府が日本に対して「歴史の非」を問う反面、「建国の父」である毛沢東が、大躍進運動や文化大革命などで数千万とも言われる自国民を死に追いやってきた事実は、中国国内では蓋をされたままだ。

 

こうした中国の姿勢に疑問を唱える在米中国系政治学者の論説が、13日付の印インディアン・エクスプレス紙(電子版)に掲載された。筆の主は米ジャーマン・マーシャル財団のミンシン・ペイ上級研究員だ。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language