ヒッグス粒子って何? - そもそモグラのそもそも解説

ヒッグス粒子って何? - そもそモグラのそもそも解説

 

2013年12月号記事

 

そもそモグラのそもそも解説

ヒッグス粒子って何?

 

ノーベル物理学賞の受賞研究となり、一気に知名度が増した「ヒッグス粒子」とは、どんな粒子なのでしょうか?

 

 

物質の起源に関わる「神の粒子」

スイスとフランスの国境をまたいで設置されている大型ハドロン衝突型加速器(LHC)で生成したヒッグス粒子を検出する装置「アトラス」。このアトラス実験には、日本のチームも参加している。写真:アフロ/ロイター

 ヒッグス粒子は素粒子のひとつですが、別名、「神の粒子」とも言われているとおり、特殊な素粒子です。

 現代の物理学では、ビッグバンから宇宙が始まったと考えられています。ビッグバンが起きてあらゆる素粒子やエネルギーが生まれ、爆発的に広がっていったわけですが、ビッグバン直後には、素粒子は質量を持っていませんでした。質量がなければ互いに影響を与えることもないため、できたばかりの宇宙空間には素粒子が自由に飛び回っていました。

 しかし、やがて宇宙の温度が下がると、空間中のヒッグス粒子の影響で素粒子が質量を持つようになりました。それによって素粒子がぶつかったりくっついたりして、電子や陽子になり、原子をつくり、物質ができたとされているのです。

 このように物質の起源にかかわっていることが、「神の粒子」と呼ばれている理由です。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年12月号記事  そもそ解説  そもそモグラ  ヒッグス粒子  神の粒子  物理学  ノーベル物理学賞  

Menu

Language