「一票の格差」是正 樽床私案で幸福実現党1議席獲得

 

昨年3月に最高裁が、2009年衆院選の「一票の格差」は違憲状態とした問題で、選挙制度に関する新たな案が示された。

 

25日の衆院選挙制度改革に関する各党協議会で、樽床伸二・民主党幹事長代行は私案を提示。そこでは、一票の格差を是正するために、5つの県の小選挙区を1ずつ減らす「0増5減」や、比例区の11ブロックを廃止して全国区として、定数を105(75減)にし、そのうち35議席を連用制にする案が示された。

 

これによって、トータルで、民主党がマニフェストに掲げている「定数80削減(=定数400)」が達成されるという。

 

私案に基づいた試算では、2009年夏衆院選の主な各党の獲得議席は、次のようになる。

 

民主308→252、自民119→83、公明21→25、共産9→15、みんなの党5→9、国民新党3→4、新党大地1→0、幸福実現党は0→1。少数政党は議席が増えるが、全国比例にした結果、地域政党には厳しいという特徴がある。

 

ただ、この私案には各党の思惑の違いから様々な反対論が出されており、新たな区割りがまとまるまでは、まだまだ紆余曲折がありそうだ。(居)

 

【関連記事】

2012年2月15日付本欄 小物政治家を生んだ小選挙区をやめ、「中選挙区」に戻せ

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=3819

 

2011年11月7日付本欄 「併用制」なら幸福実現党3議席獲得との試算 衆院選挙制度改革

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=3233

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language