職場の「嫉妬」、そして「呪い」から心身を護るために 『呪い返しの戦い方』発刊

職場の「嫉妬」、そして「呪い」から心身を護るために 『呪い返しの戦い方』発刊

 

体調不良が続く。何をやっても上手くいかない。けがをしたり、事故に遭ったりする。

 

そんな時、ふと、「もしかして、誰かに恨まれているのかもしれない」と思ったことはないだろうか。

 

『「呪い返し」の戦い方』

『「呪い返し」の戦い方』

大川隆法著

幸福の科学出版

幸福の科学出版にて購入

Amazonにて購入

そうした際に、手引きとなるのが、このほど発刊された大川隆法・幸福の科学総裁の著書『呪い返しの戦い方』だ。

 

本書は、男女関係や夫婦間の呪い、病気や事故と呪いの関係、職場の人間関係など、現代人の生活の中で起こり得る「呪い」を、幅広くカバーしている。

 

大川総裁は本書の冒頭で、病気や体調には精神的なものが強く反映され、病気の約7割は霊的な影響を受けていると指摘。「本来は『人対人』の恨みや呪いなどを受けて身体に変調を起こしているのに、そういうことも信じなくなっているため、病院へ行くことになる場合も多い」とし、病院でも原因不明のケースが多い理由を説明した。

 

本書では「呪い」のメカニズムから対処法までを丁寧に解説。呪いの原点に、「嫉妬」や「被害者意識」があるとしている。確かに現代でも、SNSの世界や週刊誌、新聞、テレビなどには、嫉妬心や被害者意識などを煽るものが多い。

 

その意味では、「人を呪わず」「人から呪われない」ための対策が必要だろう。

 

 

職場で飛び交う「呪い」……!

本書では、職場での処遇や人事異動が呪いの発生原因になる例について、実際の霊現象を挙げながら紹介している。

 

大川総裁は、出世によって恨みの念波を受けないようにするアドバイスとして、「自分が出世すればするほど、自分に厳しくなるタイプ」になるため、立場に合わせて成長を続けることが大切であることを説く。

 

呪いがあまりに長引く場合、呪われ続ける側に「能力的に何か足りないものがあって、本人が気づいていない」、呪う側も「一定の何かの才能があるにもかかわらず、それよりもマイナスのところをみんなが評価し続けている」など、双方に根本的な問題があると指摘。「等身大の自分を知る」「自己客観視できる」ことの大切さを挙げた。

 

 

呪いの影響を受けないために

本書では「呪い返し」の方法として、「仕事を改善する」というように現実の問題を解決すること、そして宗教修行を重ねることが挙げられた。強力な悪霊や悪魔の影響がある場合は、神仏とつながり、プロの降魔師、エクソシストの力を借りながら戦う必要もあるという。

 

宗教修行の前提には、「等身大の自分を知る」ことが必要という。自分が今使っている権力や発言、他人に対する評価などが分相応かどうか、分かることにかかっている。「仕事能力」と「宗教修行」が密接に関係にあることが実感できるだろう。

 

【関連書籍】

『「呪い返し」の戦い方』

『「呪い返し」の戦い方』

幸福の科学出版 大川隆法著

幸福の科学出版にて購入

Amazonにて購入

 

【関連記事】

2020年6月号 憑依を演じても、憑依されない理由。 - Special Interview 希島凛

https://the-liberty.com/article.php?item_id=17208

 

2016年6月号 GDPを押し下げる? 「男の嫉妬」対処法

https://the-liberty.com/article.php?item_id=11229

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 嫉妬  呪い  呪い返し  体調不良  事故  人間関係    病気  悪霊  神仏  宗教  修行  エクソシスト  

Menu

Language