民主党の大統領候補者が乱立 トランプ大統領に勝てる候補者がいない!?

民主党の大統領候補者が乱立 トランプ大統領に勝てる候補者がいない!?

写真:John Gress Media Inc / Shutterstock.com

 

《本記事のポイント》

  • 2020年の大統領選を見据え、民主党から17人が出馬の意思を示す
  • バイデン氏には疑惑が浮上し、ブーティジェッジ氏は中間層を取り込めない
  • 現状では、民主党には強力な候補者が不在となっており、トランプ氏が有利

 

2020年の米大統領選の民主党候補者の指名争いで、ジョー・バイデン前副大統領が支持率トップとなり、ピート・ブーティジェッジ・インディアナ州サウスベンド市長が2位に浮上した。米キニピアック大学が、26日に発表した世論調査に明らかとなった。

 

24日には、マイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長が、大統領選への出馬を正式表明。このほか、エリザベス・ウォーレン上院議員やバーニー・サンダース上院議員ら17人が立候補の意思を示している。

 

 

17人が出馬の意思を示す民主党

なぜ民主党の候補者が、これほど乱立しているのか。それは、トランプ大統領に勝てる強力な候補者がおらず、「自身にチャンスがある」と見て出馬を表明する人が多いためだろう。

 

民主党にとって悩ましい問題は、首位を走るバイデン氏に「ウクライナ疑惑」が起こり、支持を伸ばしきれない点だ。

 

同氏の息子であるハンター・バイデン氏は、ウクライナなどで不正なビジネスを行った疑惑が浮上している。民主党はトランプ氏の「ロシア疑惑」を追及している手前、大統領候補者のスキャンダルが真実であれば、致命的な打撃を受けることになる。

 

2位となったブーティジェッジ氏は、自ら同性愛者であることを公表し、2015年に男性パートナーと結婚した人物。日本の一部マスコミは、同氏の登場を「多様性」の観点から歓迎する向きもある。

 

しかし同氏は、LGBTに寛容な民主党員の支持を得ても、中間層の支持を得ることは難しい。アメリカには、保守的な考えを持つキリスト教徒が数多くいる。民主党は、中間層をより多く取り込まなければ、トランプ氏に勝てず、ブーティジェッジ氏の当選は厳しいとみられる。

 

 

中間層を取り込めず、トランプ氏が有利

そのほかウォーレン氏もサンダース氏も、富裕層への大増税などの「極端な左寄りの政策」を掲げており、民主党の主流派からの支持を十分に得られる見通しもない。そこで、「中間派」のブルームバーグ氏が出馬を表明したのだが、これまで何度も立候補を表明しており、新鮮味に欠けている。さらに同氏は、共和党から出馬した経験もある。

 

現状をみると、民主党にはトランプ氏に勝てる人物が不在となっている。強力な人物がいなければ、政権交代を果たすことはできず、トランプ氏が再選する可能性が高いと言えるだろう。

(山本慧)

 

【関連書籍】

『いま求められる世界正義』

『いま求められる世界正義』

大川隆法著 幸福の科学出版

 

【関連記事】

2019年11月4日付本欄 アメリカ大統領選まで1年 注目争点から見るトランプ大統領と民主党の考え方の違い

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16442

 

2012年2月25日付本欄 アメリカ大統領選挙ってどんな仕組み? - ニュースそもそも解説

https://the-liberty.com/article.php?item_id=3871

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 民主党  共和党  大統領選  トランプ大統領  ウクライナ疑惑  LGBT  

Menu

Language