地球温暖化対策で不満爆発 カナダ総選挙後に起きる保守派の抵抗運動

地球温暖化対策で不満爆発 カナダ総選挙後に起きる保守派の抵抗運動

写真:Shutterstock.com

 

《本記事のポイント》

  • カナダで、保守派が中心となった「カナダからの離脱運動」が起きている
  • 選挙は自由党が勝利したが、得票率では保守党が上回っていた
  • 地球温暖化対策などの環境政策が、景気を低迷させているという不満

 

カナダのジャスティン・トルドー首相が勝利した総選挙から1カ月が経つ。そうした中、カナダ西部では、保守派による「ウェイグジット(Wexit)」の動きが起きている。

 

ウェイグジットは「西部の州がカナダから離脱する」ことを意味し、イギリスの「ブレグジット(EU離脱)」にあやかったもの。中心となるのは、石油やガスなどの天然資源が豊富にあるアルバータ州とサスカチワン州。特にアルバータ州は、カナダの国内総生産(GDP)の17%を占める重要な州だ。

 

与党・自由党はいずれの州で1議席も獲得できず、保守党が全勝していた。

 

選挙では、自由党の勝利が世界に発信されたが、完勝ではなかった。自由党は第一党を維持したものの、議席を20減らし、最大野党・保守党は26議席伸ばした。得票率を見れば、保守党は34.4%を獲得し、自由党の33.1%を上回っていたほどだ。

 

ウェイグジットが起きるのも、保守党が優勢だったことに関係している。

 

 

環境政策が経済発展を阻害

保守派の不満は、景気状態が上向かないところにある。

 

特に、トルドー首相が進める地球温暖化対策により、「アルバータ州とサンカチワン州の経済発展が阻害されている」という不満がある。両州は、パイプラインを建設して、オイルサンド(石油成分を含む砂岩)由来の石油を世界に輸出したい。だが、首相が環境政策を進める手前、建設計画が思うように進まない状況だ。

 

ウェイグジットの動きが全国的に広がるとは限らない。行き過ぎた環境政策は、経済を低迷させ、新たな貧困問題をつくりかねない。

 

トルドー首相が進めるリベラル政策を軌道修正すべき時に来ている。

(山本慧)

 

【関連書籍】

『いま求められる世界正義』

『いま求められる世界正義』

大川隆法著 幸福の科学出版

 

【関連記事】

2019年10月7日付本欄 大川総裁がカナダ・トロントで講演 リベラル化したカナダが再考すべき3つの問題

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16338

 

2019年10月15日付本欄 「地球温暖化によって、砂漠地帯が森や農地に変わる」 トス神の霊言

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16360

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: カナダ  保守派  地球温暖化対策  経済  トルドー首相  貧困  

Menu

Language