マスコミが報じない香港革命 - 現地ルポ Part 1「日本人よ、助けてください」

マスコミが報じない香港革命 - 現地ルポ Part 1「日本人よ、助けてください」

写真:AP/ アフロ

 

2019年11月号記事

 

マスコミが報じない

香港革命

 

香港デモ、いや、もはや「香港革命」と呼ぶべきだろう。
「逃亡犯条例」改正案の審議をきっかけに燃え上がり、時には人口の4分の1を超える200万人が参加した。
改正案が撤回されても勢いは衰えず、世界からは、支援の声と「暴徒」との非難が入り混じる。
いったい、何が起きている?
そして、日本に何ができる?

 


contents


 

現地ルポ Part 1

「日本人よ、助けてください」

 

デモ隊と警察の衝突や催涙弾が飛び交うテレビのニュースでは分からない、
香港の人々の「感情」を知りたくて、蒸し暑い香港の街をさまよい歩いた。

(編集部 馬場光太郎)

 

取材中、日本人に向けて書いてもらった、香港の若者のメッセージ。

「ここは北朝鮮か……」。思わずそうつぶやいた。

 軽い気持ちで何人かのデモ参加者に取材をお願いした。取材場所は人目につかないホテルの一室。だが、ほとんどの人は、カメラはおろか、公表しないメモ代わりの録音さえもNGだった。

「数年前は、顔を隠さなくてよかった」と、20代女性のAさん。

 しかし、街の監視カメラから中国本土にデータを送れるチップが出てきたり、記者に扮した警察がデモ参加者の顔を撮影したりと、人々が不安を感じる出来事が相次いだという。

「(一斉逮捕などを)いつやるかということだけですね。もう準備は整っているので。みんなが最近、異常に怯えてしまって」(Aさん)

 道を埋め尽くすデモ隊は、一見、威勢よく見える。しかし、そんな彼らに何も考えずカメラを向けると、誰もがとっさにうつむいた。通りすがりの大人に「怖がるからやめてくれ!」と怒られた。彼らは水を飲む時も、マスクをつまんで隙間を開け、ペットボトルの飲み口を差し込んで飲む。

 

市民が手をつなぎ、抗議運動の連帯と決意を示す「人間の鎖」。写真:ロイター/ アフロ。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年11月号記事  香港  革命  デモ  逃亡犯条例  監視カメラ  守護孩子  アグネス・チョウ  抗議運動  特殊部隊  

Menu

Language