マスコミが報じない香港革命 - 現地ルポ Part 2 香港市民がデモを止めない理由

マスコミが報じない香港革命 - 現地ルポ Part 2 香港市民がデモを止めない理由

写真:AP/ アフロ

 

2019年11月号記事

 

マスコミが報じない

香港革命

 

香港デモ、いや、もはや「香港革命」と呼ぶべきだろう。
「逃亡犯条例」改正案の審議をきっかけに燃え上がり、時には人口の4分の1を超える200万人が参加した。
改正案が撤回されても勢いは衰えず、世界からは、支援の声と「暴徒」との非難が入り混じる。
いったい、何が起きている?
そして、日本に何ができる?

 


contents


 

現地ルポ Part 2

香港市民がデモを止めない理由

 

香港市民は「5大要求」の実現を目指している。
これがなぜ彼らにとって死活的に重要なのか。
香港で、その理由を探った。

(編集部 長華子)

 

香港市民が求める5大要求

  1. 1.「逃亡犯条例」改正案の撤回 ※9月4日に撤回表明
  2. 2. 拘束された逮捕者の釈放 (本誌P.19~20参照)
  3. 3. デモの「暴動」認定の取消 (本誌P.19~20同)
  4. 4. 独立調査委員会の設置 (本誌P.20~21同)
  5. 5. 普通選挙の実施 (本誌P.23~25同)

 

 

「少なすぎて、遅すぎる譲歩だ!」

 9月4日、香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が「逃亡犯条例」改正案(*1)の撤回を表明した時、多くの香港市民はこう憤った。

「改正案の撤回は何も意味をなさない」と息巻く市民は、連日のように、抗議運動を続けている(9月18日時点)。

 一連のデモの主目的を、単に改正案の撤回と考えていれば、デモ隊はただ文句が言いたいわがままな市民のように見えるかもしれない。

 しかしそれは違う。そもそも活動家たちは、5つの要求を掲げて戦っている(上図)。「改正案の撤回」はその1つでしかない。現地で取材を進めると、逮捕者の釈放、デモの「暴動」認定の取消、独立調査委員会の設置、普通選挙の実施などの残る4つの要求が、香港市民にとって死活的に重要なことが分かってきた。

(*1)中国の司法当局の判断により、容疑者を中国本土に移送することが可能となり香港の司法の独立が骨抜きとなるものだった。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年11月号記事  香港  革命  デモ  逃亡犯条例  何俊仁  趙家賢  鄭宇碩  林卓廷  陳日君  信仰  民主主義  普通選挙  バチカン  

Menu

Language