徹底的な努力がもたらすジャンプアップの瞬間 ジャパネットたかた 髙田明 - 創業者物語「初めの10年」

徹底的な努力がもたらすジャンプアップの瞬間 ジャパネットたかた 髙田明 - 創業者物語「初めの10年」

写真提供:株式会社 A and Live

 

2019年11月号記事

 

不定期連載

 

創業者物語「初めの10年」

 

第3回

 

ジャパネットたかた 髙田明

徹底的な努力がもたらす
ジャンプアップの瞬間

 

トヨタ、パナソニックに続くシリーズ3回目では、現在も活躍している人物を取り上げてみたい。
テレビショッピングでおなじみの「ジャパネットたかた」の創業者だ。
その出発点は、地方の小さなカメラ屋さん。日本一有名な通販会社の軌跡を追った。

 

 

25歳~

家業のカメラ店の手伝いを始め、
その後支店経営を任される

 今から45年前、ジャパネットたかたの創業者・髙田明氏は、大学卒業後に勤めた機械製造メーカーを退職し、長崎県の平戸市で、家業のカメラ店を手伝っていた。当時、平戸には年間200万人もの観光客が訪れていたため、ホテルの宿泊客向けに写真を撮り、現像して販売する仕事をしていたのだ。

 髙田氏の仕事ぶりはカメラ店時代から猛烈だった。

 毎晩いくつもの宴会を回り、一晩で1500枚から2000枚もの写真を撮り、明け方の4時までかけて現像し、ホテルの朝食の6時に間に合うように届けたという。睡眠時間は毎日2、3時間だった。

 27歳の時に平戸で仕事をしていた女性と知り合って結婚。その後に同県松浦市にある支店の経営を夫婦で任されることになった。ここが経営者としての事実上のスタートだ。

 当初、1カ月の売り上げは55万円。「1年で月300万円の店にしよう」と目標を掲げる。そのために髙田氏は積極的に営業に出た。昼は建設現場を回って役所に提出するための写真の現像を請け負い、夜はホテルの宴会を回って写真を撮った。それでも足りず、カメラの販売も手がけ、団体旅行に添乗して写真を撮ったこともあった。

 1年後には見事、月商300万円を達成する。

 

髙田明 挑戦の記録 1

月商300万円を目指す

独自の営業ルートを開拓する

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

28歳~年商1億円となる

30代~年商2億へ

40代~ラジオショッピングで年商は20倍に飛躍

40代後半~テレビショッピングで急成長

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年11月号記事  創業者  初めの10年  ジャパネットたかた  髙田明  通販  テレビショッピング  V・ファーレン長崎  

Menu

Language