文在寅の過去世 ─韓国の「次の手」が見える!? - 新 過去世物語 人は生まれ変わる

文在寅の過去世 ─韓国の「次の手」が見える!? - 新 過去世物語 人は生まれ変わる

イラスト:菊池としを

 

2019年8月号記事

 

新 過去世物語 人は生まれ変わる

 

文在寅の過去世

韓国の「次の手」が見える!?

 

人は、何度も生まれ変わりながら、魂を磨き、人格を向上させていく永遠の存在。しかし、その過程においては、過去世と同じ過ちが繰り返されることもある。霊査で明らかになった著名人の「過去世」をひもとけば、歴史上の悲劇の再現を止める手がかりが見えてくる。

 

韓国新大統領の
驚くべき本心に迫る

文在寅 韓国新大統領守護霊インタビュー

『文在寅 韓国新大統領守護霊インタビュー』

大川隆法著

幸福の科学出版

 文在寅・韓国大統領の暴走が止まらない。「徴用工」「レーダー照射」問題などで執拗に日本を攻撃する。国際社会から孤立している北朝鮮を懸命にかばって、トランプ米大統領を怒らせる……。

 怒りを通り越し、「いったい何がしたいの?」と首をかしげる日本人も多いはず。そんな文氏の、不思議な行動原理が、もし「過去世」から引きずる"癖"だとしたら?

 幸福の科学の霊査によると、文氏の過去世は、イタリアの独裁者ムッソリーニであった可能性が高い。ファシスト党を率い、ヒトラーが師とあおいだ「ファシズム」の創始者だ。

 とはいえ、ムッソリーニといえば、軍服を着ていかめしい顔で壇上に立ち、国民を扇動する「極右の代名詞」のようなイメージがある。

 一方、文氏は韓国内では「ハンサム」との評判も高く、さわやかな笑顔で手を振る姿はテレビ映えする。さらには、弱者に優しい「左翼」の政治家としても知られている。

 この二人の見た目は、どう見ても逆。しかし、「やっていること」を見ると、共通点ばかりが浮かび上がってくる。

 

2人のここが似てる!

  • 1. どちらも"労働者救済"人気を得た

  • 2. どちらも"敵"をつくることで、支持を集めた

  • 3. どちらも"強国"に憧れて、独裁者と組む!?

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

共通点(1) 労働政策という「アメ」

共通点(2) 粛清・暴力という「ムチ」

共通点(3)「組む相手」を間違える

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年8月号記事  過去世物語  生まれ変わり  文在寅  韓国大統領  ムッソリーニ  独裁者  ファシズム  労働者  粛清  北朝鮮  ヒトラー  金正恩  

Menu

Language