小泉進次郎議員の守護霊が「丸山議員の糾弾決議」「安倍首相」に苦言

小泉進次郎議員の守護霊が「丸山議員の糾弾決議」「安倍首相」に苦言

小泉議員の公式ブログより。

 

北方領土の返還をめぐり、丸山穂高衆院議員(日本維新の会から除名)が「戦争」に言及した問題について、このほど開かれた衆院の本会議で、議員辞職を促す「糾弾決議」が全会一致で可決された。

 

この決議では、自民党の小泉進次郎・厚労部会長が採決を棄権。同党から厳重注意処分を受けた。

 

その後小泉氏は、棄権した理由を自身のブログで説明。

 

丸山氏の言動は、「かばえるものではない」とした上で、「議員の出処進退は、議員1人1人が判断すべき。みんなで糾弾するのは、自分の中では、腑に落ちない」「個人に対する個人の批判は自由だし、政治家も甘んじて受けないといけない立場と思うが、国会としてというのは、次元が違う話だと思う」などとつづった。

 

確かに、韓国の艦艇が自衛隊機にレーダーを照射したり、韓国の国会議長が天皇陛下へ謝罪を要求したりしても、日本の国会では、それに対する糾弾決議を行っていない。政治家個人を対象にするのは、極めて異例だ。

 

 

「自民党は共産党みたい。言論の自由がない」

そうした騒動がニュースとして報じられていた6月8日、大川隆法・幸福の科学総裁のもとに小泉氏の守護霊が現れ、今回の決議を次のように批判した。

 

(北方領土の)元島民の人たちに、『(島を)返してほしいですか』と、『戦争してでも取り戻したいぐらいですか』ということを聞くことはあってもおかしくないよね

 

これを一方的に何か、『戦争悪』みたいに言ったら、自民党はもう共産党になったみたいで。何か言論の自由がなくなって、本当に国会では自由にできないじゃん。そんなのおかしいと思います

 

決議を行った国会も、自身を処分した自民党も、議論を封印して国会議員の「言論の自由」を侵害しているという指摘だ。

 

 

安倍首相は「独裁者みたいになってきている」

5月下旬、来日中のトランプ米大統領は、安倍首相と回ったゴルフ場での昼食後に、「日本との貿易交渉で非常に大きな進展があった。農産品と牛肉は特に影響がある。日本の7月の選挙の後、大きな数字が出てくる。期待している!」などと投稿。貿易問題について"取引"があったことを示唆した。

 

一方、安倍首相は、多くの国民の生活に関わる重大な交渉内容を説明しないまま、参院選に臨もうとしている。この姿勢について、小泉氏の守護霊は、次のように苦言を呈した。

 

(日本の)農業を完全に潰すような案になっているのなら、私は自民党員でも、安倍さんに『おかしい』って批判しながら、選挙を戦いますよ。そういう言論の自由は、自民党にはあったはずですよ、もともと。だから長くなって、もう(安倍首相は)独裁者みたいになってきてるんだよ

 

情報統制して、気に入らないことは全部隠していく手法は全体主義であり、それを指摘しないマスコミも懐柔されており、民主主義が機能していないことを嘆いた。

 

 

軍事上の備えを考えることに問題はない

小泉氏の守護霊霊言が行われる約2週間前の5月22日、大川総裁は東京都内で開かれた、幸福実現党の立党10周年を記念にした釈量子党首との対談「君たちの民主主義は間違っていないか。」の中で、丸山氏の発言についてこう述べていた。

 

国会議員には、『言論の自由』はなかったんでしたっけ?

 

北方四島のうちの、大きいほうの島には、もうロシアの軍事基地ができているわけですよ。その軍事基地は何のためにできているかというと、まあ、日米同盟がある、と。今、日米同盟で、共同的に防衛訓練ができるようになっているレベルですので、日米が、もし島を取り返しに来るとなると困るから、その防衛のために、基地を増強してあるんですね

 

ということであれば、要するに、ロシアの側は、『日本、もしくは、アメリカが島を取り返しに来ることはありえる』と考えて、想定して、あそこに現実に基地をつくっているわけですよ。『それに対してどう考えるか』と、いちおう、考えを練ること自体は、別に問題はないことなんですよね」(以上、『君たちの民主主義は間違っていないか。』より引用)

 

日本は本来、北朝鮮の拉致被害者についても、自衛隊で奪還するという気概がなければならない。この問題を解決するために、もっと「憲法9条の改正」や「自衛隊の装備はどうあるべきか」などの議論が行われていいはずだ。

 

「軍事」や「戦争」について議論すること自体をタブー視して、政治家の言論の自由を奪ってはならない。それこそが、国を危うくする危険性がある。

 

【関連記事】

2019年6月7日付本欄 日露平和条約締結の「ラストチャンス」 G20 で安倍首相は決断すべき

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15850

 

2019年5月23日付本欄 今、解散すべき大義はない──大川隆法・幸福実現党総裁と釈量子党首の対談「君たちの民主主義は間違っていないか。」

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15776

 

2019年5月15日付本欄 ウイグル、チベット、内モンゴルは現代の奴隷制度──幸福実現党の大川総裁が講演「自由・民主・信仰の世界」

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15756

 

2019年3月30日付本欄 大川隆法・幸福の科学総裁と幸福実現党党首が対談 立党10年目のブレない「志」を語る

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15592

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 小泉進次郎  守護霊  自民党  共産党  言論の自由  糾弾決議  丸山穂高  

ようこそザ・リバティWebへ

大川隆法 御生誕祭
「人生に自信を持て」
7月5日(金)

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


上記のフォームから、本会場・福岡国際センターへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

九州地域(福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県、熊本県、鹿児島県)にお住まいの幸福の科学 未会員の方

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


講演会のウェブ予約は 7月2日(火) 12:00 まで受け付けております。

月刊誌最新号
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language