李登輝の過去世 ─義のために命惜しまず - 新 過去世物語 人は生まれ変わる

李登輝の過去世 ─義のために命惜しまず - 新 過去世物語 人は生まれ変わる

イラスト:菊池としを

 

2019年5月号記事

 

過去世物語 人は生まれ変わる

 

李登輝の過去世

―義のために命惜しまず―

 

人は、何度も生まれ変わりながら、魂を磨き、人格を向上させていく永遠の存在。その生まれ変わりの過程は、一人ひとりの個性によって彩られた物語となる。幸福の科学の霊査で明らかになった著名人の「過去世」をひもとけば、時を超えて輝く魂の性質が見えてくる。

 

 

李登輝

プロフィール

(りとうき)1923年~。台湾の第三代総統。台湾・淡水郡生まれ。若き日には京都帝国大学に学び、戦後、米コーネル大学で68年に農業博士号を取得。台湾大学教授に就任後、71年に国民党に入党し、その見識を農政に具体化した。88年1月に総統の蒋経国が急死後、後継者となる。民主化とともに、国民の台湾人アイデンティティを確立することにも尽力した。

「祖国統一は必須であり必然だ」

 本年の初めに、習近平・中国国家主席は武力行使をちらつかせながら、台湾侵略への野心を露わにした(*)。

 というのも、中国から見た太平洋への出口を塞ぐ台湾に、米国が影響力を強め、本土に睨みを利かせてきたからだ。

 台湾は、中国の喉元に向けられた短刀のようなものだ。その刃を民主主義の力で研ぎすまし、共産党に突き付けた人物がいる。第三代総統の李登輝だ。

 李登輝は1996年に初めて台湾で直接選挙での総統選を実施した。それを阻まんとして中国は選挙前にミサイルを近海に撃ったが、彼は一切動じなかった。結局、台湾の民が彼を選び、中国は世界に大恥をさらすことになった。

 まさに不撓不屈の指導者である。その闘志は日本と英国での転生に由来すると聞けば、あなたは驚くだろうか―。

(*)台湾等のアジア諸国を支援する「アジア再保証推進法」にトランプ大統領が署名した後の発言である。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

室町幕府の剣豪将軍の生まれかわり

清教徒革命で「信教の自由」を求める

武士道とキリスト教の融合

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年5月号記事  過去世物語  李登輝  足利義輝  クロムウェル  清教徒革命  総統  台湾  信教の自由  武士道  民主革命  選挙  デモクラシー  

Menu

Language