台湾問題を考える 中国共産党は国民党から国を乗っ取った「非合法政権」

 

「二〇二一年は、一九二一年に中国共産党ができてから一〇〇周年に当たる。そこで、共産党の生誕一〇〇周年の祝杯を台北であげるのだ。中国は軍事占領するわけではなく、現状のままで、台湾に『中華民国』という表札を下ろさせ、『中華人民共和国台湾省』という表札に替えさせるだけでいい。要は、台湾は新疆やチベットのようになるわけだ」

 

中国軍事専門家の平松茂雄氏は、2012年末に発刊した『実践・私の中国分析』(幸福の科学出版)の中でそう指摘し、「台湾はまもなく中国に併合されるだろう」と警鐘を鳴らしていました。

 

それから約6年が過ぎた現在、中国の習近平国家主席が「台湾への武力行使も辞さない」と発言するなど、台湾の危機は現実味を帯びてきています。

 

今回は、大川隆法・幸福の科学総裁が今月3日、台湾の台北で行った講演「愛は憎しみを超えて」の内容に触れつつ、台湾の問題について考えてみたいと思います。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language