元側近が暴く毛沢東の「虚像」 - 大川隆法総裁 霊言Report 「林彪の霊言」

元側近が暴く毛沢東の「虚像」 - 大川隆法総裁 霊言Report 「林彪の霊言」

Professional photography / Shutterstock.com

 

2019年4月号記事

 

大川隆法総裁 霊言Report

 

元側近が暴く毛沢東の「虚像」

公開霊言「林彪の霊言」

2019年2月11日収録

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

「『毛沢東の霊言』講義」が行われた日の夜、大川総裁のもとに、毛沢東の側近であり、後継者とされた林彪の霊が現れた。

 毛沢東と袂を分かった林彪は、命を狙われてソ連への亡命を決意するが、搭乗した飛行機が墜落して亡くなった。墜落の原因ははっきりしないが、ミサイルで撃墜されたという説が有力だ。

 林彪の霊は、毛沢東について「虚像」「ずる賢い人間」「裏切り、裏切りの連続」「自分のためだけの人生を生きている」などと批判し、いまだに中国統一の象徴のように祀られていることを嘆いた。

 さらに、「米中国交回復や日中国交回復を、毛沢東が生きている時点で行ったことは正しかったのか」と、毛沢東政権を正当なものとして認めた、かつての日米の対中政策に疑問を呈した。

 大川総裁の講演については、毛沢東が悪魔であると暴いたことは大きいとして、中国を覆う闇を破ってほしいと語った。

 林彪自身は現在、悪魔である毛沢東と「共犯」した罪で地獄にいるというが、本当は中国をよい国にしたかったと後悔の言葉を口にした。

 元側近の「証言」は、毛沢東の虚像を暴く上で貴重なものと言えるだろう。

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

詳しくは  
大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。

詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

・幸福の科学サービスセンター Tel:03-5793-1727

 火~金/10:00~20:00 土日祝(月曜を除く)/10:00~18:00

・同グループサイトの支部や精舎へのアクセス

 http://map.happy-science.jp/まで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 2019年4月号記事  霊言  毛沢東  側近  林彪  亡命  中国  日中国交回復  虚像  墜落  

Menu

Language