インタビュー アーサー・B.ラッファー / 減税で繁栄する町・増税で没落する町 - 人口減少ニッポン「稼ぐまち」が人口を増やす - Part3

インタビュー アーサー・B.ラッファー / 減税で繁栄する町・増税で没落する町 - 人口減少ニッポン「稼ぐまち」が人口を増やす - Part3

 

2019年4月号記事

 

国造りプロジェクト Vol.05

 

人口減少ニッポン

「稼ぐまち」が人口を増やす

 

 


contents

インタビュー アーサー・B.ラッファー / 減税で繁栄する町・増税で没落する町 - 人口減少ニッポン「稼ぐまち」が人口を増やす - Part3

インタビュー アーサー・B.ラッファー / 減税で繁栄する町・増税で没落する町 - 人口減少ニッポン「稼ぐまち」が人口を増やす - Part3


 

 

減税で繁栄する町
増税で没落する町

 

地方が活性化し、人口増に転換させるために何が必要か。

トランプ米政権の経済ブレーンで、アメリカの各州レベルの経済政策についても研究してきた、経済学者ラッファー氏に話を聞いた。

 

トランプ大統領の経済顧問

アーサー・B.ラッファー

(Arthur B. Laffer)1940年生まれ。イエール大学を卒業後、スタンフォード大学で博士号を取得。経済調査とコンサルティングのラッファー・アソシエーション会長。レーガノミクスの元となったサプライサイド経済学の父。大統領選挙中よりトランプ氏の経済政策顧問を務める。著書に『増税が国を滅ぼす』(日経BP社)などがある。

1958年当時。繁栄していた時のデトロイト市のウッドワード通り。

 

2013年当時。財政破たんしたデトロイトの街。「増税は経済爆弾なのです」(ラッファー氏)。写真:picture alliance/アフロ

──ラッファー氏は、アメリカの各州の経済成長の要因についても研究してこられました。

ラッファー氏(以下、ラ): 長年の研究を通じ、各州の税に関する政策によって、一定のパターンがあることが見えてきたのです。

 例えばミシガン州です。その最大都市デトロイトは、私の子供のころは、「北米のパリ」と言われるほど繁栄を誇っていました。でも今は、原爆を落とされた都市のように荒廃した街になってしまいました。多くの人が他州に移転し、人口は1950年代のピーク時の185万人から67万人に減りました。

 

 

所得税の導入で州は没落

──なぜミシガン州は没落したのでしょうか。

: 筆頭に挙げられるのは「所得税」です。ミシガンを含む11の州が、60年代から所得税を導入し始めました。結果として、所得税を導入した州は、人口、税収、GSP(州の総生産)、公共サービスのすべての経済指標で低下しました。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

増税で公共サービスも低下

人口減少に打ち克つ「親日外国人」移民

人も企業も呼び寄せる「交通革命」

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年4月号記事  アーサー・B.ラッファー  著名知識人  所得税  没落  増税  公共サービス  経済学者  年金改革  人口減少  親日外国人  交通革命  リニア新幹線  年金依存度  

Menu

Language