ディズニー史上最もハッピーな魔法! 映画「メリー・ポピンズ リターンズ」

ディズニー史上最もハッピーな魔法! 映画「メリー・ポピンズ リターンズ」

©2019 Disney. All Rights Reserved.

 

1964年に公開され、アカデミー賞13部門ノミネート・5部門受賞の名作ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」が、「メリー・ポピンズ リターンズ」(2月1日公開)として、戻ってきた。

 

世代を超えて愛される本映画の主人公は、ちょっと上から目線の魔法使い、メリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)。手に持っているのは、喋るオウムの傘と、何でも出てくるドクターバッグだ。

 

エレガントでミステリアスな彼女は、窮地に陥ったバンクス家の元に舞い降りる。そして母親を亡くした悲しみと不安を抱える3人の子どもたちの家庭教師となり、優しい歌声と心躍るダンス、カラフルで"美しい魔法"の数々を魅せていく。

 

ある時は、バスタブの底を抜けて、子供たちと一緒に海底探検に向かう。またある時は、アニメーションの世界に飛び込み、華麗なるミュージカルショーを披露する。だが、彼女の本当の魔法は、始まったばかりだった──。

 

©2019 Disney. All Rights Reserved.

 

 

メリー・ポピンズの"人を幸せにする魔法"

©2019 Disney. All Rights Reserved.

ディズニーらしいハッピーな名作映画「メリー・ポピンズ」を55年ぶりに蘇らせるため、超一流のキャストとスタッフが集結した。

 

メリー・ポピンズを演じたのは、映画「プラダを着た悪魔」(2006)、「ガール・オン・ザ・トレイン」(16)、「クワイエット・プレイス」(18)などの話題作に出演し、ハリウッドを代表する女優となったエミリー・ブラント。

 

そして、バンクス家の長男マイケル・バンクスを演じるベン・ウィショー、街灯点灯夫のジャックを演じるリン=マニュエル・ミランダ、ハリウッドの大物女優メリル・ストリープやコリン・ファースら、豪華キャストが集結した。

 

監督を務めたのは、映画「シカゴ」(02)、「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」(11)のロブ・マーシャル監督。彼は幼い頃から「メリー・ポピンズ」に魅了され、ミュージカル映画の巨匠となった人物。「僕は映画『メリー・ポピンズ』を愛している。あまりにも愛しているので、他の人に任せたくなかった」と熱く語っている。

 

メリー・ポピンズは、日常をカラフルに変える美しい魔法によって、「人生を楽しむこと」、そして「人生に不可能はないこと」を教えてくれている。つまり、メリー・ポピンズが使っているのは、"周りの人を幸せにする愛の魔法"なのだ。

 

この映画を観た人は、誰しも「幸せな気持ち」に包まれ、「これからも、明るくハッピーに生きていきたい」「自分も、人をハッピーにする"愛の魔法"を使えるようになりたい」と思うだろう。

 

幸せを運ぶ魔法使いメリー・ポピンズのように、私たちも"愛の魔法"を使って、人生をカラフルに変え、幸せを広げていきたい。(山本泉)

 

【公開日】
2月1日(金) 全国公開
【スタッフ】
監督/ロブ・マーシャル
【キャスト】
出演/エミリー・ブラント、リン=マニュエル・ミランダ、ベン・ウィショー、コリン・ファース、メリル・ストリープ
【配給等】
配給/ウォルト・ディズニー・ジャパン
【公式サイト】
https://www.disney.co.jp/movie/marypoppins-returns.html

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: ディズニー  メリー・ポピンズ リターンズ  エミリー・ブラント  魔法  ロブ・マーシャル  

Menu

Language