青森市議「裏アカ」ツイッター謝罪にみる、「公人」としての立場と自覚

 

先月28日に投開票された青森市議選で初当選した山崎翔一議員(28歳・無所属)が、ツイッターで高齢者や性的マイノリティーの人などに対して差別的な表現を含む投稿をしていたことがわかり、今月5日に謝罪会見を開きました。

 

山崎氏が選挙活動中や投票日に、匿名のツイッターで「年金暮らしジジイを舐めすぎ 平日の役所窓口で罵声叫んでるのだいたい爺さん 君にそんなエネルギーあるんかい」「そういえば、デリー行きの電車に乗った時、おかまの物乞い来たな~ 札束めっちゃ持ってたけど」「片腕落として障害者雇用」などの投稿を行っていたことが発覚し、SNSを中心に問題となりました。

 

SNSの発達により、インターネット上でも情報発信ができるようになって久しいですが、政治家や芸能人、識者によるSNSの"炎上"が近年多く発生しています。

 

本欄では、SNSによる情報発信や、政治家などの「公人」としての自覚について考えてみます。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

【ご支援のお願い】

1口1万円からご寄付をお受けいたします。みなさまのご支援をお願いいたします。

https://the-liberty.com/st/donate/

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language