あと10年で地球外生命は見つかる - Interview 国立天文台副台長 渡部潤一

あと10年で地球外生命は見つかる - Interview 国立天文台副台長 渡部潤一

 

2018年11月号記事

 

Book

Interview

 

あと10年で地球外生命は見つかる

 

国立天文台副台長

渡部 潤一

プロフィール

(わたなべ・じゅんいち) 1960年生まれ。理学博士(東京大学)。東京大学東京天文台を経て現職。専門は太陽系小天体。

『美しすぎる星たち 見る、知る、撮るの 星座の教科書』

星座にまつわる知識を中心に、天体観測の基本と疑問を解説した入門書。オールカラーの美しい写真とともに楽しめる。

宝島社 監修・渡部潤一

『星座の教科書』を監修した天文学者に、
宇宙の魅力や地球外生命の存在について話を聞いた。
(編集部 山本泉)

 

 

「宇宙や星空の魅力を多くの方に知っていただきたい」という思いで、『美しすぎる星たち 見る、知る、撮るの星座の教科書』の出版に協力しました。

 季節ごとの美しい星座の写真とともに、星座の見方や神話、撮影の仕方などについて分かりやすく解説しています。夜空で星座を探し、写真に収めたいと願う人々にとっての入門書です。

 私が天文学を志したきっかけは、1972年のジャコビニ流星群でした。当時の天文学者は、「流星群が雨あられのように降る」と予想しましたが、1つも流れませんでした。残念でしたが、「偉い先生でも分からないことがある。流れ星が出ないとされる日でも、出る可能性がある。それを観測すれば、小学生でもフロンティアに立てる」とワクワクし、毎晩のように流れ星を観測しました。

「人類の知識の限界、フロンティアに立っている」というこの時の思いが、私の原点です。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年11月号記事  Book  渡部潤一  星座の教科書  星座  天文学  地球外生命  宇宙  流星群  ブラックホール  著名知識人  

Menu

Language