トランプ米政権がイランへの制裁再開 制裁は「正義」にかなうか

 

イラン核合意から離脱したトランプ米政権は、イランへの経済制裁の一部を再開しました。

 

まずは、各企業にイランの基幹産業である自動車や貴金属・鉄鋼の取引停止を求め、11月には、原油の取引を制裁対象に加えます。「資金源の遮断による兵糧攻め」です。

 

これに対しイランは、英独仏中露の5カ国と結んだ核合意を維持することで対抗する見通しです。

 

英独仏は制裁再開に反対しており、イランに進出している欧州企業に対して、アメリカの制裁を無力化する「ブロッキング規制」を発動すると発表しました。中国やロシアは、原油やガスの取引を増やすことで、イランでの影響力の拡大を狙っています。

 

本欄では、アメリカとイランの双方の意見から、制裁の是非について考えてみます。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language