カルト新聞の藤倉善郎容疑者 建造物侵入の罪で起訴

 

東京地検は14日までに、宗教施設に無断で侵入したとして、東京都葛飾区のフリーライター、藤倉善郎容疑者を建造物侵入の罪で東京地裁に起訴していたことが分かった。

 

関係者によると、藤倉容疑者は1月17日午後2時前、東京都荒川区にある幸福の科学の教団施設「初転法輪記念館」に侵入したという。

 

藤倉容疑者は、ブログ「やや日刊カルト新聞」を運営し、これまでにもいくつかの同教団施設への無断侵入を繰り返していた。

 

同教団側から、2015年以降、「施設及び行事への立ち入りを禁止する」旨の内容証明が送られていた。だがその後も、無断侵入行為や無断撮影をやめなかった。

 

【関連記事】

2018年3月23日付本欄 カルト新聞の藤倉善郎容疑者を書類送検 建造物侵入の疑い

https://the-liberty.com/article.php?item_id=14275

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language